無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

7人の目的は?
私は淳太に採寸してもらった。

残りの6人は瞬きもせずに見つめてくる。
あなた

っ/////

淳太
淳太
おっけー。
望!このサイズであの服持ってきて!
望
はーい!!
望は奥へと消えていった。

私はその間ずっと裸。。
あなた

ロープ痛い……

照史
照史
もー逃げんなよ?
照史がロープを外してくれた。

体中にロープの跡が赤く残っている。
流星
流星
痛そうやな…
流星はロープの跡を優しくなでた。
あなた

ビクッ

大毅
大毅
ふふっ
大毅が私の後ろから腕を回し動けないようにした。
あなた

えっ?

目の前の5人が変にニヤニヤしてる。
あなた

ちょ、ちょっとなに?

大毅が手で私の目を覆った。

何かが私の体に触れる。

足、お腹、胸、そして私の秘部まで…