無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

望……
崇裕が出ていって少ししたあと。

望がきた。
望
あなた。大丈夫?
ポチッ

止めてくれた…
望はロープも解いてくれた。

ほんとは優しいのかな。
望
みんなはお出かけしてるから大丈夫だよ。
あなた

あ、りがと////

望
お礼にさ
望が私の秘部に自分のを当てた。
望
俺のこと気持ちよくして。
望のが一気に入ってくる。
あなた

あっ////

腰が抜けそう。

大きくて、固くて、熱い。

望は慣れた腰つきで私の中を出入りする。
あなた

の、ぞむっあっ////

気持ちい。

もっと。もっと望が欲しい。