無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

私と望
みんなが帰って来て私は服をもらった。
あなた

ありがとう😊

崇裕
崇裕
今日はこれに着替えてや?
崇裕に渡された服に着替えるため

自分の部屋に行った。
~あなたがいない間~
望
なぁみんな。
望以外の6人
ん?
望
俺、あなたと付き合ってる。
大毅
大毅
は?
望
みんなが買い物行ってる間に告白したんや。
崇裕
崇裕
えぇって?
望
おん。
淳太
淳太
えぇと思うで。俺は。
智洋
智洋
あなたが言ってるならえぇんちゃう。
照史
照史
俺もあなたの意思を尊重するで。
流星
流星
しゃーないな。
崇裕
崇裕
応援するで!
大毅
大毅
俺も~!
望
みんなありがとう。
淳太
淳太
部屋割変えよか!!
そんなこんなで私が知らない間に認めてもらい

部屋割まで変えることになった。

でもこの時は誰もあんなことが起きるなんて想像もしなかった。