無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

部屋割
今の部屋から私は一番大きい部屋に移動することになった。

それに望と同じ部屋!

淳太が配慮してくれたの!
あなた

淳太ありがとう(^^)

淳太
淳太
全然えぇんよ!
やっぱり淳太は優しいし、しっかりしてる。
崇裕
崇裕
あなた!その格好かわえぇな////
あなた

え?

そうだった!

みんなが服を買ってきてくれて今は崇裕が選んだ服を着てる。
あなた

ありがとう////

崇裕
崇裕
あなた?なんかあったらいつでも言えよ?
ドキッ

いつもより低い声で言ってくるから……
あなた

うん

望
あなたー!荷物移動しよー!
あなた

はーい!

ドンッ

下から音がした。
あなた

っ!!

誰かいるのかな……

この家は広すぎて誰がどこにいるのかわからなくなる。

この音が後の悲劇に繋がっていた。