無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

みんな……
医者
あの七人組に電話でもしよーか?
だめ。迷惑かけられない。
あなた

やめて!

医者
この状況で逆らうとか強気だね~
怖い。助けて。

これが私の本音。

男は私のポケットから携帯を出す。
医者
暗証番号は?
あなた

070425

医者
素直だね
男はそう言うと私の中に冷たく固いものを入れてきた。
あなた

んっ

医者
これはピストンマシーンって言って
君を気持ち良くさせる機械だよニヤニヤ
あなた

いや。

私の話なんかそっちのけで機械は動きだした。

奥を一定のスピードで突かれる。

手足を縛られているから逃げることも脚閉じることもできない。
あなた

んっんぁ////

医者
何感じてんだよ。
男は殴ってくる。

痛いのに下から突き上げられておかしくなりそう。
医者
はーい。こっち見て~
あなた

グスンッあぁっ////

男は携帯を向けて来る。

聞き覚えのある声が聞こえる。
望
あなた!!
あなた

のぞ、むっグスンッ

淳太
淳太
今行くから待ってろ!!
崇裕
崇裕
おい!どこにいんだよ。
みんなの声がいつもより低くて怖い。
医者
さぁね~
男は周りの風景を映す。
淳太
淳太
ここさ。家の地下?
照史
照史
見覚えあるな。
医者
はやくしないとこの子死んじゃうよ~?
ムチで叩きつけてくる。
あなた

うっグスンッ

体から血が流れる。

助けて……