無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

守り抜く。
俺達は手分けして屋敷の中を探した。

早く見つけなきゃ。

手放したくない!

ゴトンッ

ん?

ここだ!!
望
あなた!
あなた

グスンッ

あなたは切り傷だらけでぐったりしてた。

俺は悲しみと共に怒りが込み上げてきた。
望
オラァァァァァァ!!!
淳太
淳太
この声…やばい。
残りの6人が望の声に気づいてかけつけた頃には

望はどうしようもない状態になっていた。
崇裕
崇裕
望!!抑えろ!
望
てめぇ。早くあなたを離せ。
医者
ばかなんじゃねーの?笑
そー簡単に渡すかって
流星
流星
チッ
照史
照史
りゅ、流星も!?
最初に殴り掛かったのは流星。

男はとっさにあなたの脇腹を刺した。
あなた

うぅっ!!

切り傷だらけだったのに今刺されたらあなた……
この瞬間に残りの5人も怒りを抑えきれなくなった。
淳太はすぐにあなたの元に。

他の6人は健人と戦っていた。

って言うか殺しにかかってた。

あなたはそのあと淳太によって病院に運ばれた。

でも……あなたは……