無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

心に咲いた花を
そしてある日のこと___.


山田涼介からLINEが来た。
山田涼介
今日でかけよ!運命の人に会えるかも!
あなた

あ、うん、いいよ!

待ち合わせに着き、山田涼介
と会った。
あなた

やっほー♪

山田涼介
お、おう
周りからは山田涼介は見えない。 
視線が痛い・・・ウッ
山田涼介
ごめん、俺のせいで・・・
あなた

いいよいいよ、気にしないで

街を歩いていると
冬だったからバレンタインの近くだったからか
バレンタインの、特集が沢山されていた。
あなた

食べたいの?そんなにじっと見つめて

山田涼介
僕は食べられない
好きな人から貰うチョコも
あなた

そっか。ごめん

何を話していいか分からない・・・
その時、ビルの画面に有名なモデルが

映し出された。
あなた

可愛い・・・

山田涼介
そう?あなたの方が可愛いんじゃない?
あなた

は!?やめてよ!

山田涼介
冗談冗談
き、急にびっくりした・・・
山田涼介
あの子可愛い・・・
あなた

え?

指を指した山田涼介の先には

私の友達杏がいた。
あなた

あ、杏か

山田涼介
そうなの?仲良くしたいな・・・
モヤッとする・・・
あなた

でも、山田涼介くんのこと、
見えないから意味無いじゃん!

山田涼介
あ、そうだよね・・・
あ、私何言ってるんだろ・・・

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

山 田 さ わ
山 田 さ わ
初心者です 途中で書いてる小説消しました・・・。 暖かい目で見てもらえると 嬉しいです。 更新遅いです Hey! Say! JUMPと ジャニーズWESTに ハマってます。 ジャニーズWESTは最近好きになりました。 にわかって思われるかもしれません。 ファンの方すいません、 山田涼介 担 🍓 ピンクよりの虹色ジャスミン🍑
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る