無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

優しさで溶かしてゆこう
その後は気まづくなり、
“バイバイ”とだけ言い、家に戻った。
あなた

なにいってんだぁああ・・・

1時間・・・2時間・・・と時間が経っても

山田涼介からのLINEは来ない。
あなた

言いすぎたな・・・

LINEで謝ることにした。
あなた

さっきはあんな強い言い方してごめんね。

山田涼介
もう、いいよ。今までありがとう。
あなた

本当に反省してるから・・・

そこから既読はつかなくなった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


翌日

おはようさん〜
あなた

うん、おはよ

元気ないね?
あなた

なんでもないよ

なんかあったらいいな?
あなた

ありがとう

杏は美人でモテる。

可愛いって思うのも仕方ない。
そして、杏にはいろんな人が周りにいる。
萌絵
杏〜!!!
萌絵・・・!
あなた

あ、あのっ

萌絵
杏いこー
あ、ちょっ
杏は手を合わせて口でごめん、といい、
その場を去った。
あなた

そう考えると私って誰もいないな・・・

惨めだなぁ・・・
山田涼介
そんなに落ち込まないで
あなた

えっ!?

あなた

なんでいるの?

山田涼介
幽霊だからね
あなた

怒ってないの?

山田涼介
あー、俺も言いすぎたごめん
あなた

いやいや、私こそごめんなさい

山田涼介
成仏出来るまでよろしく
あなた

うん!!!!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

山 田 さ わ
山 田 さ わ
初心者です 途中で書いてる小説消しました・・・。 暖かい目で見てもらえると 嬉しいです。 更新遅いです Hey! Say! JUMPと ジャニーズWESTに ハマってます。 ジャニーズWESTは最近好きになりました。 にわかって思われるかもしれません。 ファンの方すいません、 山田涼介 担 🍓 ピンクよりの虹色ジャスミン🍑
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る