無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

この世界のどこかで
“私、涼介に告白しよう……。”
あなた

ねぇ!涼介!

山田涼介
ん、なに?
山田涼介said
なになに……この状況気まづ。


しかも、あなたなんか声ちっさいし。?


いつものあなたじゃないなぁ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



あなたsaid




やば、このまま告白して
振られたら、こんな関係じゃいられないのかな。

どうしよう……
あなた

あ、ごめん。やっぱ、なんでもない、

山田涼介
あ、え?待って
そんな言葉をかけられても
無視し、走った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

山 田 さ わ
山 田 さ わ
初心者です 途中で書いてる小説消しました・・・。 暖かい目で見てもらえると 嬉しいです。 更新遅いです Hey! Say! JUMPと ジャニーズWESTに ハマってます。 ジャニーズWESTは最近好きになりました。 にわかって思われるかもしれません。 ファンの方すいません、 山田涼介 担 🍓 ピンクよりの虹色ジャスミン🍑
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る