第16話

久しぶり
673
2017/12/26 04:10
ピーンポーン
あなた

え?誰だろう?

(*`3´)ノ
なんだよ…せっかく楽しかったのに
ーーー薫
俺が出てくる
あなた

うん

ピーンポーン
はい?
あ、あの~私…
あなた~
お客さんだよ
あなた

私に?

あなた

だr…!?

夏波
あなた!
あなた

夏波!

あなた

なんで!

夏波
久しぶり!
ちょっと会いたくて…ね?
あなた

うわぁ~い!

えっと…で?
夏波
あ、ごめんなさい!
ちゃんと自己紹介します!
夏波
私は、夏波と言います!
あなたの小学校からの親友です!
よろしくお願いします!
よろしくね?
夏波さん
俺は…
夏波
知ってます!
あなたから話は聞いているので
マジ?
夏波
はい!
ちょっとまっててね
俺は、あなたをキッチンへ連れていった
あなた

なに?薫さん~

ボソッ(あなた、夏波さんに何話したんだよ
あなた

(え?ただ、かっこいい大好きな人だって言っただけだよ?

(俺が、殺し屋だって事は?
あなた

(言うわけないよ

(そっか、ならいい
あなた

夏波!
てか、なんで今日きたの?
ただ会いたいだけじゃないよね?

夏波
……
あなた

夏波?

夏波
やっぱ…わかっちゃうか…あなたには
あなた

え?

俺、席外すわ
あなた

ありがとう…薫さん

夏波
私ね…地方に引っ越すの…
あなた

え…なんで…?

夏波
私が受けた大学分かるよね?
あなた

うん

夏波
その、大学がなくなっちゃうから地方の学校に行くことになって…
ちょうどその時同じ場所にある会社にお父さんも転勤って事になって…じゃあ家族で引っ越そうって事になったんだ
あなた

そ、うだったんだ…

夏波
うん
あなた

いつ?
引っ越すの…

夏波
……
あなた

きょ、今日なんだね…?

夏波
コクン
あなた

なんで…何も言ってくれないの…?

夏波
ごめん…あなた…
あなた

夏波…

夏波
あなたは、今薫さんと会ってからすっごく楽しそうだから…
こんな事言えないな…って…
夏波
それに…私…あなたがこんなに大好きな人が出来て嬉しいから…
幸せを壊しちゃうかもって…
あなた

わ…私は…

夏波
あなた

薫さんが…大好きで今、とっても幸せだけど…

あなた

夏波がなんかあったら相談して欲しかった…
いっつも支えてくれた夏波が一人で悩んでたの…嫌だよ…

夏波
ご、ごめん…あなたぁ~(╥﹏╥)
あなた

夏波ぃ~(╥﹏╥)

夏波
あなたの事大好きだからたまに遊び来るから…
電話でも話そっ!
あなた

うん!

夏波
ずっと…大好きだよぉ~
あなた

私も、ずっと大好きだからねぇ~

そして、俺はあなたが帰って来ていいと言ったので
帰ったら夏波さんは帰っていた
大丈夫か?あなた
あなた

グスン…
大丈夫…

プリ小説オーディオドラマ