第19話

守る
590
2018/01/05 09:30
ーーーあなた

どこだ?!
あなた

……

ギュー
ボソッ大丈夫…俺があなたを守るから…
こんな事になったのは今から1日前に遡る

いつもどおりに夜、
私と薫さんはご飯を食べ終わり二人で並んでテレビを見ていたとき…

ピーンポーン
あなた

ん?

…誰だ…こんな時間に
薫さんはインターホンの画面を見た瞬間に
すぐ私に…
ボソッあなた!おいで!
あなた

え…!

シー
あなた

ボソッわかった…

私達は、ベランダから出た
この部屋は普通のマンションより小さいけど
私達の住んでいるのは7階で飛び降りるのは不可能だった…
でも、薫さんは
マンションのパイプからするすると降りた
しかも、私をおんぶしながら
あなた

だ、大丈夫?薫さん…

あなたも大丈夫か?
あなた

うん

それじゃ、行くよ
あなた

え?どこ…?

とりあえず車に乗ろう
あなた

うん

………………………………

しばらく車で高速を走っていて
私は薫さんに話しかけた
あなた

薫さん…どうしたの?

……
あなた

薫さん!

ごめん…そうだよな…急に連れ出してごめん
あなた

ううん

インターホンに出てたのは政府の奴らだ…
あなた

政府?

ああ、多分俺と…あなたを殺すために来たんだと思う
あなた

なんで!?

俺が、あなたに政府と俺の関係を話したからだと思う…
あなた

政府がなんで話したのわかったの?

それは…わからん
でも、確実に俺達を殺そうとしてる…
だから、逃げたんだ…ごめん…
あなた

私は、殺されそうでも…
薫さんとずっと一緒にいるから!

!?
あなた…ありがとぅ…
あなた

それに薫さんが守ってくれるんでしょ?^^*

ああ、もちろん!
………………………………
そんな感じで話ながら来ていて着いた所は森でした
森の奥に歩いて行くと
絵本に出てきそうな可愛い小屋のような家があった
あなた

なに?ここ

んー
俺の秘密基地?w
あなた

へー
可愛い❣

おいで
あなた

うん!

………………………………
あなた

うわぁー.*・゚
中も可愛い~♪

ははっ、ソファーに座ってな
あなた

うん!

あなた、
本当にごめん
あなた

もう!謝らないでよ!

!?
あなた

ここに居るのは薫さんのせいじゃないよ!この私が、自分の意思でここに居るんだよ!

……
あなた

だから…泣

あなた

だから、もう2度と謝るのは…やめてぇ…泣

ごめ…あ、ありがとうあなた
あなた

うん…コクコクン

寝ちゃったか…
ありがとう…あなた
愛してるからな…
………………………………

1時間後に目が覚めたらベットにいた
隣には大好きな薫さんが可愛い寝顔で寝ていた
あなた

んふ♪
可愛い…

あなた

薫さん…

ん…あと5分…
あなた

起きないならキスしちゃうよ?

じゃあ…キスしてよ…クー…
あなた

んもー…//
chu♡////

…/////
あなた

ほら!起きてよぉ!

わかったよ
あなた

薫さん…車が来たよ…

何?!
あなたおいで!
あなた

うん…!

私達は玄関から一番遠い部屋の物陰に隠れた
私は、薫さんに抱き締められながらただ震えていた
どこだ?!
あなた

……

ギュー
ボソッ大丈夫…俺があなたを守るから…
足音と声を聞きながら男が5人いるのがわかった
男達は、家の中の部屋をどんどん見ていき、
ついに私達が隠れている部屋に入ってきた
出てこい…
ボソッ…隠れてて…
あなた

…っ!?

ここだよ…
………
っパン!
静かな部屋に拳銃の音がこだました…

薫さんが…死んでしまった…
私は、泣きだしそうになった…

その瞬間
なんで…殺さない…?
薫兄さん…あなたはここで死んだ
え…
覚えてない?
俺らの事…
貴史…!?
貴史
うん
久しぶり薫兄さん
つばめ
俺らもいるよ~♪
ニシシ
良樹
こんばんは、薫兄さん!
伸二
ごめんね…薫兄さん
俺達、薫兄さん達の事殺しに来たんだ
知ってる
つばめ
まあ、とりあえずかわい子ちゃんも出ておいで~♪
良樹
チャラいよつばめ
私は、薫さんに支えられ男達の前に出た
本当に可愛い😆
あなた

っ…!

そんなに怖がらないでよ~
俺達、味方だら
お前らは何やってんだよ
貴史
俺ら、薫さんを殺せって命令出されて…
良樹
でも、本当に俺達を可愛がってくれた
薫兄さんの事…殺せるわけないよ…
つばめ
だから、拳銃で撃ったフリして
その後はバイバ~イって感じ?
……
伸二
だから、薫兄さん
早く逃げて…
貴史
通帳とか印鑑とか大事な物と必要な物はまとめてあるから!
あなた

あの…
でも、あなた方は大丈夫なんですか?

問題ないよ
殺したら埋めとけって言われてんだもん
そうか…
貴史
うん…
だから早く行って…ね?
…………………………………
本当にありがとうなみんな
貴史
薫兄さんがあなたちゃんと
仲良く暮らしてくれればいいよ👍
あなた

あの!本当にありがとうございました!

つばめ
ありがとうって思うなら
薫兄さんをよろしくね♪
あなた

はい!ちゃんと支えます!

じゃあ行くか…
バイバイ
良樹
じゃあね
伸二
ありがとう
つばめ
薫兄さん…
つばめ
(*^^*)
貴史さん達はそれぞれ言葉を言いながら見送ってくれました
私と薫さんはとりあえず車で航空に向かって行きました

プリ小説オーディオドラマ