無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

37
「君が好きだよ」

その言葉を言い出せないまま、

席替えで席が離れてしまった。

新しい隣の女子と

仲よさそうに話している。

それを見るだけでイライラする。

ああ、こんな気持ちになるのは君のせいだよ。

好きすぎて胸がはち切れちゃうよ。