無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6
君のことを想うだけで

胸が痛むんだ。