無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16
もしも魔法が使えるなら、

君のハートを射止めたい。

でも、そんなことあるわけないから、

自力で射止めてみせるよ。