無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第70話

70
2年間、ありがとう。

君のおかげもあって楽しい中学校生活を送れたよ。

君と離れ離れになるのは寂しいけれど、

仕方ない、よね。

やっぱり、最後くらい、何か言えばよかったな。

「ねぇ、○○。“月が綺麗ですね”。」

今ならきっと言えるかな。

会いたいよ。




…今更後悔したところで、もう遅いのにね。