無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

26
「○○君のこと好きなの?」

と、聞かれました。

「…違うよ。」

なんとなく嘘をつきました。

でも、本当は嬉しかった。

だって、そうやって聞かれるってことは、

私が彼のこと見ているのが分かるってことだもんね。