無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

#80
瑚雪
あなたどこいるか知ってる?
直樹
いないの?
瑚雪
うん
どこいったんだろ
伊野尾慧
🚪|ω・)و゙ ㌧㌧
採血するよー
瑚雪
あ、伊野尾先生ちょうどいいところに
あなたは?
伊野尾慧
あぁー
インフルエンザにかかり、隔離中です
直樹
え、インフルになってたの?
有岡大貴
入るよ〜
何話してたの?
瑚雪
あなたのこと
有岡大貴
あぁー
直樹
インフルなんだ…
瑚雪
あれ、じゃあ手術は?
山下先生1週間しかいないんでしょ?
伊野尾慧
見送り…
瑚雪
まじか
伊野尾慧
俺達がちゃんと環境を整えなかったのも悪いけどね…
直樹
でも、しょうがないよ
こればかりはさ、誰にもわからないことなんだし
有岡大貴
まーね
伊野尾慧
てか、大ちゃんあなたちゃんに辛い思い2回もさせた張本人だかんな
瑚雪
え、またやらかしたの?
有岡大貴
はい。
直樹
え、有岡先生前にもやらかしたの?
瑚雪
なんかやらかしてなかったっけ?
伊野尾慧
なんかやってたけど、覚えてないw
瑚雪
だよねwww
てか、何やらかしたの?
有岡大貴
えっと、その、インフルの…(小声)
瑚雪
えぇ?聞こえないよ?
直樹
僕にも聞こえてないよー
伊野尾慧
俺もー
有岡大貴
インフルエンザの検査の棒を床に落として2回目やらせちゃいました
直樹
あらら
瑚雪
あの痛い検査を?
最悪やん
てか、そういう系毎回やるよね、大ちゃん先生
有岡大貴
………
伊野尾慧
反省はしてるからねw
あなたちゃんからの許しも得たし
瑚雪
あ、あなた許したんだ
あなたやっぱ優しいな
直樹
優しいね〜
さすがあなたちゃんって感じ
伊野尾慧
んな
俺もそれ思ったわ
有岡大貴
あなたには感謝しかないですね、はい
薮宏太
ねー
採血まだしてないのー?
伊野尾慧
あ、、、
有岡大貴
あ、、、
瑚雪
あ、、、
直樹
あ、、、
薮宏太
全員忘れてんじゃんw
瑚雪
いやー、だって、あなたの話してたら長くなりますよー
薮宏太
まー、偉かったからな、あなた
てなわけで、2人とも採血頑張るんだよ?
瑚雪
はーい
直樹
はーい
伊野尾慧
瑚雪は俺ね
腕出してー
有岡大貴
直樹くんは俺が
薮宏太
じゃあ俺は応援にまわるか
瑚雪
(腕を出す)
応援係w
直樹
(腕を出す)
まーでも、もともと来る予定なかったもんねw
薮宏太
そうそうwww
2人が遅いから様子見に来たらこうなんだもんw
伊野尾慧
じゃあ刺すよー
(針を刺す)
有岡大貴
直樹くんもー
(針を刺す)
薮宏太
がーんばれ
がーんばれ
がーんばれ
瑚雪
心こもってなさすぎw
直樹
めっちゃボー読みだねw
瑚雪
よんではないけどねw
直樹
たしかにw
薮宏太
てか、2人とも注射なんて平気になったねー
瑚雪
あなたに比べれば前々から平気だったし
直樹
なんかそれ聞いたことある
めっちゃ嫌がってたんでしょ?
瑚雪
らしいよwww
薮宏太
嫌がってたねーw
今ではめっちゃ素直に聞いてくれてるし、成長したなーって
伊野尾慧
(針を抜く)
瑚雪
あ、終わってた
伊野尾慧
今終わったんだがねw
有岡大貴
(針を抜く)
おつかれ〜頑張ったね!
直樹
終わったー
伊野尾慧
あなたちゃんも瑚雪ちゃんも直樹くんもみんな成長したよ
有岡大貴
んな
特にあなたはね
辛い検査とか色々乗り越えたし
薮宏太
人間ってやっぱり成長するんだな
特に子供は
瑚雪
なんか急に重っw
直樹
それ思ったw 
なんか重い話になってるよねwww
薮宏太
たしかにねwww
ってもうこんな時間!
やばいぞ!戻るぞ!
有岡大貴
そんなこと言ってー
(時計を見る)
え、嘘っ!?やばっ!
伊野尾慧
やばっ
じゃあ俺らは戻るーーーーー


走ってスタッフステーションへ戻っていく

直樹
なんか悪いことしちゃった気持ちだわw
瑚雪
んねwww
まー、いっかw