プリ小説
一覧へ

第1話

すれ違い
「正直、居ない方が助かる」


金田一にそう言われ、トスを拒絶された俺。
その時から俺は怖くなった


トスをあげても打ってくれる人がいないって言うのは心底怖えーよ


俺はどうしたらいいのか分からなかった


ただ、ただ、勝ちたくて


ただ、ただ、及川さんに追いつきたくて


必死だった

それだけなのに


なんで、なんで打ってもらえなかった?


なんで拒絶された?


俺には分からない
気づいてなかった


この時の俺は



どんだけ馬鹿だったんだろうって自分でも思う



もし、俺があの時独裁するような事がなければ…


本当の意味で及川さんみたいになれてたら




俺たちもっと違う道を歩んでたのだろうか

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

黒尾 咲☆
黒尾 咲☆
ポエムや詩を主に出していこうかなとおもってます 小説はハイキューを主に書いていくつもりです 文才なくわかりづらいところがあるかとは思いますがよければ読んでいってもらえると嬉しいです プリ画像、プリ小説共によろしくお願いしますm(*_ _)m