プリ小説

第4話

俺は…
今の俺には日向がいる


澤村さんや菅原さん…烏野のみんながいる


だから、バレーができる。
少しずつ変わることが出来てる。


独裁しそうになったら止めてくれる人がいる


もし、もし俺があの時の気づいていれば


俺たちも一緒にバレー出来たのか


いや、それでもライバルだったか


でも、笑え会える日があったかもしれない


俺は少し夢見てたよ また、国見達と笑え会える日が来たらいいのにな って


きっかけを作ったのは 俺 自身なのにな





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

黒尾 咲☆
黒尾 咲☆
ポエムや詩を主に出していこうかなとおもってます 小説はハイキューを主に書いていくつもりです 文才なくわかりづらいところがあるかとは思いますがよければ読んでいってもらえると嬉しいです プリ画像、プリ小説共によろしくお願いしますm(*_ _)m