プリ小説

第12話

俺だけじゃ弱いけど…


先輩もいて、金田一もいて、支えてくれる人もいて。


そんな青城は強いよ。信頼があるから、信じてるから、だからこそ普段あんなにふざけててもずっと笑っていられるんだよ。


先輩が築き上げてきたものを俺たちは壊したくない。壊させたくない。

だから、俺は俺に出来ることをする
それで、この青城のメンバーで全国に行く


たとえ、影山がいても烏野には負けない。
白鳥沢にも負けない。


でも、でも。

影山の“トス”を、自分自身にあった“トス”を
打てる10番はすごく羨ましいと俺は思うよ


あの頃、違えてなかったら俺も打てただろうか。
影山の最高のトスを打てただろうか。


俺はいつまで、夢を見てるのだろうか

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

黒尾 咲☆
黒尾 咲☆
ポエムや詩を主に出していこうかなとおもってます 小説はハイキューを主に書いていくつもりです 文才なくわかりづらいところがあるかとは思いますがよければ読んでいってもらえると嬉しいです プリ画像、プリ小説共によろしくお願いしますm(*_ _)m