無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

―そして山田と…。―
6,062
2017/12/28 02:18
山田は私のタオルを脱がしてきた。
あなた

ちょっと山田!?

涼介
涼介
ハアハアハア…
もうダメなんだ…抵抗しないでくれ、////
そういうと山田は私の胸を触ってきた。
あなた

ちょっと…////

涼介
涼介
/////
山田はすぐに私の下に手を出した。
あなた

きゃっ!!!////

涼介
涼介
やべぇな/////
あなた

辞めて!!!

涼介
涼介
こんだけ濡れてるのに抵抗するの?
もう俺の指3本も入っちゃった、
あなた

山田…////
んっ…////

涼介
涼介
しかも結構感じちゃってるし、
毎日ヤってるのにいい加減慣れないの?
あなた

んっ…////

いつもの男ならここまで感じないのに山田となると…////
あなた

山田!!!イク!!!////

私はイッた。
涼介
涼介
お前だけずりぃーんだけど?
あなた

は?

涼介
涼介
俺のもやれよ、
そういうと山田は下から大きくて太いモノを出てきた。
あなた

えっ…////

涼介
涼介
舐めろ…////
あなた

う、うん…////

私は山田のものを口に入れ、刺激した。
涼介
涼介
あっ…////んっ…////
き…きもちい…////
だんだん山田のモノは大きく、硬くなってくる。
あなた

そろそろ…?

涼介
涼介
うん…////
口に出してもいい…?////
あなた

うん…////

山田はそういうとすぐに私の口に発射した。
あなた

んぐっ…

涼介
涼介
これからだ…////
あなた

えっ…?

山田のものはすぐにまた大きくなっていた。
涼介
涼介
入れるぞ…////
あなた

うん…////

山田のモノが私の中に入っていく。
あなた

んっ…////

涼介
涼介
あっ…////
あなた

激しくしないでね、////

涼介
涼介
そんなこと言われたらしたくなる、
山田は激しくヤッてきた。
あなた

んっ…////山田…ダメ…////

涼介
涼介
ハアハアハア…////
あなた

イッちゃう…////

涼介
涼介
俺も…一緒にイクぞ、////
あなた

うん…////

そして私達は盛大にイッた。
あなた

山田のえぐい…////
漏れてんだけど…////

涼介
涼介
お前のだってベッド…////
やばいぞ…/////
あなた

ほ、ほっといてよ…////

涼介
涼介
ちゅっ…////
あなた

ん////

涼介
涼介
次は立ってだ////
あなた

えっ!?////