無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

―ホテルで再会。―
5,515
2018/01/03 10:37
あなた

立ってとか初めてなんだけど…/////

涼介
涼介
やるぞ、
あなた

うん、////

涼介
涼介
入れるね?
あなた

うん////
あっ////

ベッドの上でするのとまた違う刺激、
涼介
涼介
ハアハア…////
んっ/////
あなた

は、はげしぃ…/////

涼介
涼介
そんなの知るか…////
あなた

んっ…////んっ…////

涼介
涼介
すぐにイクかも…////
あなた

私も…////

涼介
涼介
イッていい?
あなた

うん、私も…////
ングッ!!!////

涼介
涼介
んっ、あっ…////
イッた。
涼介
涼介
んっ…////
«舌を入れる»
あなた

んっ…////
クチュクチュ////

涼介
涼介
ハアハア…////
あなた

喉乾いた…

涼介
涼介
俺のでも飲む?
あなた

はぁ!?

涼介
涼介
何でもねぇよ、なんか頼むか?
あなた

うん、

なんなの…!?////
そんな事言うなよ…////
涼介
涼介
何飲む?
あなた

んーっ、
オレンジジュース、

涼介
涼介
んじゃ、俺はイチゴジュース、
あなた

山田、そんな可愛いジュース好きなの?

涼介
涼介
いや、可愛いとかじゃなくてただたんにイチゴが好きだからさ、
あなた

そっ、はやく頼んで、

涼介
涼介
はいはい、
はぁー、なんか今でもびっくりしてる、
まさか山田から誘ってきてヤるなんて。
でも…正直、今までの男の中で1番気持ちよかったかも…////
コンコン…
?»失礼します、
あなた

はーい、

鈴
オレンジジュースと、イチゴジュースです…
涼介
涼介
ありがと、って、お前…
鈴
えっ!?
涼介!?!?