無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

少クラ
少クラ収録前





私はいつも一番にくる










ほんで7人から逃げる←










今日はえびさんに遊んでもらお










IN A.B.C-Z楽屋










\コンコン/










戸「は〜い?」










ガチャッ










相「遊びきた かまって」










橋「あなた〜おいで〜」










相「りょおすけぇぇぇ〜行く行く〜」










ギュッ










相「やはり貴様でかいな」










橋「あなたは小さいなぁ〜」










相「うるせい身長よこせ」










河「あいとはっしー仲良いよねw」










五「ねw」










相「あ、そいや塚ちんは?」










五「トイレじゃない?」










塚「ただいま〜!」










相「塚ちんやっほー」










塚「あ!あなた!いたんだね!」










相「いたのよ」










河「毎回他の楽屋来てるけどいいの?w」










相「おんええのええの」










戸「まぁいつもの事だしねw」










五「で二人はいつまでくっついてんの?w」










橋「ずっとー

丁度いいからねあなたの身長」










相「褒めてるん?貶してるん?」










橋「褒めてる」










相「じゃあええよ」










\ドンドン!/










塚「は〜い!」










ガチャッ!










中「あなた!」










相「げっ、」










中「なんでここに居るん!?

はっしーも離れてや!」










橋「はいはいw」









あ、良亮離れてもうた










相「もぉ〜、今日くるのはやいわぁ、」










中「ほら帰んで!」










淳太くんは手を出した










相「はいはい

じゃあまたね〜」










えび「ばいばーい」










私は淳太くんの手を握った










握らないと拗ねるから←