無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

藤「なぁ、みんな見てへんやん?

ちゅーしよ?」










相「なに言うてんの あかんわ」










藤「なぁ〜、ちゅう、」










相「だーめやで」










藤「なんでぇ、

ってかなんであなたはこういうので

照れへんの?」










相「わからん

ってせや、あれはなに見てるん?」










藤「え?俺の写真」










相「なんの?」











藤「それは言えへん」










神「流星!これ頂戴!」










藤「あかん!俺だけの!」










桐「なんでこれ持ってるん!?」










藤「内緒や!言わん!」










相「どれ?」










中「あっ!」










スマホを覗いたら、










相「、、いつ撮ったん?」










藤「えーと、結構前、?」










流星の写真つーのは










相「人の癒しの時間を勝手に、」










まえーにうちに流星が来た時に










うちのわんこと三人(2人+一匹)で











遊んだのよ










相「シャッター音したっけ、」










藤「あ、無音カメラで撮った!」











それでわんこぎゅーしてる写真が表示されてた










相「、、、消したる」










藤「あかぁぁぁぁん!!!」










相「あっ」










流星にしてはでかい声でスマホを取り上げた









藤「癒されてるあなたは

俺の癒しやねん!」









相「わかったわかった

でももう撮らんでな」









藤「えっ、」









こら









ちゃんと返事しなさい