無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

なら、










神「あ、でも写真は撮らせて!」










は?










相「なんでぇ」










神「それ見て元気出す!」










神ちゃんはスっとスマホを取り出した










相「はい、いくで?」












神「ん!」










ちゅっ。










カシャッ










神「はぁ、俺もう死ねる」←










いや死んだらあかんやろ










神「あ、でもあなたと結婚出来ひんから

死んだらあかんねや!」










相「いや結婚せんけどな」










神「えっ、Σ(゚д゚)」










当たり前やアホ










相「はい構ってあげたから帰りや」










神「泊まりたい!泊まる!」










相「あかんわ

神ちゃんなにするかわからんやろ」










神「あなたの想像通りのことしてもええで!

てかしたい!」










相「やめよう神ちゃん」










神「照れへんな〜相変わらず、」










相「まぁなぁ」













神「ま!それはええから!

寝よ!一緒に!あなたの部屋で!」










相「ん〜、分かったわ

ダメ言うても帰らんやろ」










神「帰らん!」










相「じゃあお風呂入る?

もう寝る?」










神「はよ寝る!あなたと!」










さっきからすごいそこを強調するな←










(ベッド入る)










相「触ったらあかんよ」










(伸ばしてた手を止める)










神「えっ、」










相「さっきも言うたやろ?










なにすんかわからんからだーめ」










神「(´・_・`)」










その顔やめて、










罪悪感生まれる










相「おやすみ神ちゃん」










神「おやすみあなた!」










目を閉じた時におでこにキスをされたのは










口を出さないでおこう