無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

次の日────




ん?










なんかお腹周りが苦しい、










と思ってすぐにその原因が分かった










神「ZZZ...(がっちりハグ)」










動けないくらい抱きしめられてるなうですわ←










相「ん゙ん゙っ、(身をよじる)」










こらダメですわ、(諦)










でも今日仕事やからな〜










相「神ちゃん起きて〜!」










神「んんぅ、」










相「今日私仕事なんよ〜

起きて〜」










神「あなたがちゅーして

くれたらおきる、」










相「またちゅーて、

ちゅーはしません 起きてください」










神「も〜!(怒)」










いや、なんで怒られてんの私、










神「おはよう(拗)」










相「お、おはよう」










神「(`‐´)」










いや、顔文字そっくり、←










相「神ちゃん?」










神「(`‐´)」










相「神ちゃ〜ん?」










神「(`‐´)」










ぜーんぜん反応せえへんやん、










あ、










相「智洋?」










神「!?

いいいいいい今なななななんて!?」←










わお、










名前ってすごいんやな










相「え、智洋」










神「くぁぁ!萌えるってこれなんか!?」










いや、名前言うただけやねんけど、










相「まだ起こるんならもう呼んだらん」










神「もう怒ってへん!

もっかい!」










相「仕事行かせてや、」





















ん?










神「俺ちゃうよ」










じゃ私か