無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

望とラジオ
まぁ仕事っちゅーのはラジオなんですよね










スタジオー





小「なぁほんまに泊まっただけ?」










相「もう収録始まるからあとでね」










小「まだ時間あるやん!

なぁなんもしてへん?」










相「してへんて」










小「そもそも約束なんかしてたん?」










相「してへんよ?

神ちゃんが勝手に来たから

騒がれんのも嫌やし家あげただけ」










小「えぇ!?

じゃあ俺もあなたんち勝手に行って

騒げば家あげてくれるん!?」










相「騒ぐなや

ってかあんまりうるさかったら警察呼ぶし」←










小「呼ばんでや!?」










相「じゃ来んといてな

勝手に」










小「約束したらええの?」










相「都合がよかったらね」










小「今度あなたんち住みたい!」←










相「あかんわ」










ス「まもなくスタートです!」










相「はいお話終了」










小「もぉ〜!」










収録開始ー





二人「こんばんは!」










小「ジャニーズWESTの小瀧望と!」










相「相多あなたで〜す」










小「今日はフリートークでございます!」











相「おっ、一番困るやつですね〜w」










小「じゃああなたから近況報告を!」










むっ、望やりやがった、










相「最近はね〜、

あ、家族とカラオケに行きましたよ」










ちょっとむっとした望w