無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

小「カラオケですか!

何歌ったんですか?」










相「まぁ自分たちの曲ももちろんやけど

他のアーティストさんとかKinKiさんの曲とか

色々ね」










小「あなたは歌上手いからな!」










相「おかんが上手いねんな

遺伝かな」










小「あなたのおとんも上手いよな」










相「でもハスキーボイスやから

聞きづらない?」










小「いや?そんなことないで」










相「リスナーの皆さんわかんないと

思いますけどねw

うちのおとんマジで声カスカスなんですわw

流星声低い言われとるけど何倍も低いからね」









小「兄弟は?」










相「行ったで

でもにぃちゃんは行ってへん

弟は行った」










小「にぃちゃんなにしてん?」










相「にぃちゃんはデートやったw」










小「にぃちゃんww

デートやったん?」










相「そうw

彼女ちゃんとのこと優先してんで?

まったく、ええ奴やんかw」










小「ええ奴なんかい!w」










相「でも弟も最近

気になる子出来たみたいやねんな〜

ねぇちゃんには教えへん!言われた(寂)」










小「ねぇちゃんには言いたないやろ〜w

俺やって言いたくなかったで」










相「ちゃうやん

それは望中学生とかやろ?

うちの弟やっと小一やで?

ませすぎやろ」










小「あ〜それはませてんなw」