無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

相「ねぇちゃん寂しいよ〜?」










小「俺ん時もねぇちゃん

そんな気分やったんかな?」










相「そやろなぁ〜」










小「今度は家族全員で行けるとええね〜」










相「そうですね〜

じゃあ望も近況報告をどうぞ」










小「僕ですか?

僕はですね〜

ん〜、最近あなたと遊べてへんから

寂しいですね!」










相「またまた、遊んでるやないの」










小「遊んでへんよぉ!

言ってええ?」










相「あかんよ」










小「ええやん!

ちょ、リスナーの皆さん聞いてくださいよ!」










相「ちょ、だめやってぇ」










小「昨日神ちゃんあなたんち

泊まったんですよ!?」










望め、許さぬ、










相「ええやん別にメンバーやぞ?」










小「神ちゃんのセリフやん!

ってかそんなら俺も泊めてや!」










相「やからそんな来られても困るって」










小「も〜、

絶対行ったるからな!」










相「、、、さぁ次の話題行ってみましょ〜う」










小「おぉぉぉい!」










相「最近ね

WESTivalに入ってる曲をいっぱい

聞いてるのね

あ、まだ売ってへんけどね」










小「あ、それは俺も聞いとる」










よしっ、話題逸れた










相「なに好き?」










小「やっぱユニット曲聞いてるかな」










相「あぁ『Into Your Eyes』ね」










小「そうそう」










相「淳太くんすごいなぁ

二回目やもんな」










小「前は『TAMER』やんな」










相「『TAMER』好き」










小「かっこええもんなぁ

であなたは何聞いてるん?

やっぱ『Evoke』?」










相「せやね〜それが多いわ」










小「あれほんまはあなたも歌詞

書いてるんやろ?」










相「いや〜、こっちのがええんちゃう?

みたいな感じやから書いてるわけちゃうよ」










小「まぁあなたも一回書いてるけどな!」










相「まぁなぁ

でもだいぶ前の話やで」










小「でも俺また書いてほしいわ

違う感じの」










相「機会があればいいですよ全然」