無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

友達とおでかけ
プルルルル♪










相「もしもし?」










中『仕事終わった?』










相「終わったで

今から行くわ」










中『はよしてな』










相「は〜い」










みんな分かった?










友達〜親友〜言うたのは淳太くんねw










望には言われへんからw















中「あ、来た」









相「寒いのに待たせてもうてごめんな?」










中「いやええねん

行こ」










と言ってスっと手を出してきた










相「ん?」










中「手ぇ繋ご」










いや彼女か










相「いや、普通に街中やん

あかんやろ」










中「こんな待たせたのに、」










淳太くんは私の手をギュッと握った










相「冷たっ、」










淳太くんの手はキンッキンに冷えてた










氷みたいに










中「せやろ

あなたの手あったかいわぁ〜」










相「もぉ〜、

はよ行こ あったかいとこ」










中「あなたとお揃いのなんか買いたい!」










相「淳太くんお揃いのもんとか

好きやったっけ?」










中「あなたとならええの!」









やから彼女かっ