無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

あなたsaid





言わんと騒がれると思って










淳太くんをうちに招いた










中「あなたんちやぁ〜♡」










語尾にハートが見えますよ










中「あ、ちゃうちゃう

んでなんなん?」










相「あんな〜、

みんなが恋愛のやつとかやるってなるとなぁ

嬉しいんやで?めっちゃ嬉しいんやけどな、」










中「おん」










相「、、、相手役の子とかになぁ、

やきもち妬くから、あんま見たないねん、」










ん〜、あんま言ってへんかったから










やっぱり恥ずかしいわぁ〜










中「か〜わええなぁ!」










淳太くんはぎゅー!っと音がつくぐらい強く










抱きしめてきた










相「やめてやぁ痛いやんか」










中「やきもち妬くんか!

なんやあなたもそんなこと思うてんねや!」









相「やめろやめろぅ」










中「やめへん!」










いやぁ恥ずかしいわぁ〜、










ピンポーン♪










ん?










中「もぉ〜誰やぁ〜

せっかくあなたとイチャイチャ

したかったのに、」










いや、しやんし、










玄関に行こうとしたのに










淳太くんが離れてくれへんから










後ろから抱きしめられとる状態で










ドアを開けた










ガチャッ










濵「あなた!

っと、淳太?」










中「なんや濵ちゃんか」










相「今日はお客が多いなぁ」

濵「そうなん?

ほんで淳太はなんでくっついとるん?

ずるいわぁ」










ずるくないわっ