無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

─鼓動─





相「今遠く遠く歩いていこう、」










中「心のままで、」










濵「あの、、たららら、」










相「はははw」










中「覚えてへんやんw」










濵「二人が歌ってるから歌いたいやんw」










中「これな

あなた作ったもんな」










相「そうそう

初めて作った歌」










濵「あなた歌上手いし作るのも上手いよな」










相「まだあんま作ってへんけどな」










─君を想うとき─










相「なんかあれやんな

ここが一番歌上手いやんな?」










中「はははw

そんなんやとコンサートの意味ないやんw」










─blow out─










相「ここね

私はけるときにコケた」










中「コケてたなw」










濵「えぇ?俺それ知らんかった〜、」










桐)(重岡に掴みかかる)










相「ここはリアルやな

ドラマっぽい」









濵「ぽいなぁ」










─一歩─





桐)夢を追って飛び込んだ世界











笑われてもいい






くそ不器用でもいい










相「なんかここが演歌に聞こえるんよね」










濵「照史の歌は力がこもってるからな」










中「こめられてるなぁ」










中)(ハーモニカ演奏)










相「ここ淳太くんの顔が好き

なんか、なんや?

儚いっちゅーの?」










中「ほんま?好き??」










相「、、、さぁ次はなんやっけ?」←










中「、、、(寂)」