無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

ドッキリ?
(《》内はナレーション)




《もし!自分の理想の王子様に出会ったら!?》










中「こんにちは!」










7「ジャニーズWESTです!」










中「今回はうちの紅一点の相多に

ドッキリを仕掛けたいと思います!」










桐「しかも自分の理想の相手に

出会ったらですよ!」










小「いや、さすがに上手くはいかんやろ!」










藤「ジャニーズきっての

ノーリアクション王やからね」










神「照れるとかはないやろ!」










濵「もし上手くいったらどうする?」










重「それはない!」










中「ちなみに!

事前に聞いた相多さんの

理想のタイプですが、

まず見た目はですね、」










神「俺が言う!」










桐「おおw

じゃあ神ちゃんいけ!」










神「一つ目!

背の高い人、」










小「あなた結構背ぇ高いもんな!

神ちゃんはないな!w」










神「うるさい!

二つ目!

、w

痩せすぎて無い人!」










濵「、、、」










藤「濵ちゃんもないなw」










濵「き、筋肉あるし!」










神「次性格!

これは定番!

優しい人!

俺やん!←」










桐「自分で言うな!w」










神「あとは理想のシチュエーション!

仕事の失敗を慰めてくれたら嬉しい!」










重「俺ら慰めてるやん!」










神「ただし!

ディレクターとかADとかの場合、」










小「え〜!」










神「言われてみたい一言は

『ほっとけない』だそうです!

あ、仕事の失敗の慰めは

手を握って真っ直ぐに見つめられるとやばい

だそうです!」









中「そしてドッキリに協力してくれるのは

この人です!」










「あ、どうもw」










重「背ぇ高!

小瀧より高いんちゃう!?」










「185ですね」










神「たっか!」










濵「ほんまにあなたオトさんでくださいね!」










「あ、はいw

よろしくお願いします!」









────────

昨日の番組見て書いたんですけど

ちょっと変えます

あとタイプは適当に決めました

け、決して作者の理想ではないですよ!

うん、(ヾノ・∀・` )チャウチャウ

────────