無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

《それではドッキリ開始!》





(『』内はモニター)










相『こんにちは

ジャニーズWESTの相多です』










(お辞儀)










濵「真面目やねぇ」










《今回は雑誌の撮影という偽企画》










中「お、来ましたね彼」










『相多さん

よろしくお願いします

新しくカメラマンになりました

サトウです』










相『あ、よろしくお願いします

凄い背ぇ高いですね』










『ありがとうございますw』










相『メンバーに180超えてるの

二人おるんですけどね

それより高いですね

何センチあるんですか?』










『一応185センチは』










重「もう仲ええやん!」










《なんと自分から距離を縮めてきた相多

順調に企画が進んでいきそうだ》










『じゃあ撮っていきますんで』










相『よろしくお願いします』










(ポーズ)










神「かっこええね〜」










(ポーズ)










桐「かわええなぁ〜」










『はい!撮影終了です!

お疲れ様でした!』










相『お疲れ様でした

ありがとうございました!』










ス『相多さん次取材お願いします!』










相『あ、はい!』










《その時、まさかのハプニングが!》










相『あっ!』










『相多さん!』










小「あっ!」










《相多が機材につまづき倒れそうに!

すかさずサトウくんが助けたものの

カメラが横転!

だがカメラは大丈夫!

実はカメラは偽物でフラッシュなどは

他のところで光らせているため

倒れても問題は無い!

ただ予想外にも偽カメラが壊れてしまった!》











────────

何書いてんのか分かんなくなる、

見づらいですねすみません😖

────────