無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

照史くんかしげが教えたのか









早くも全員楽屋に揃っていた









神「探したで!」









相「おぉ」









藤「なんで他の楽屋行くん!」









相「なんとなくかな」










中「あなたおらな仕事できひんわ!」









相「いや仕事はしようや」









濵「俺ら寂しかったわ!」









相「あ、うん」









小「今日はここぞとばかりに

いちゃいちゃしたかった!」









重「い、いちゃいちゃすんのは俺やし!」









じゃあシャイ岡出すな









桐「もう時間ないやん!

カウントダウンライブ終わったら

俺んち来てや!」









相「いやそれは、」









中「じゃ俺んち来てや!

俺んち広いで!」









濵「淳太こないだあなたんち行ったやん!」









中「濵ちゃんやって行ったやん!」









神「俺聞いてへん!」









小「神ちゃん泊まったやろあなたんち!」










藤「泊まったん!?」









神「、、泊まったけど!」←









相「せやで神ちゃんはだいぶサービスしたで」









小「サービスぅ!?」









重「はぁ!?

それって、それってそれ!?」←









桐「ちゃうやろ!

え、ちゃうやんな!?」









相「すごい焦っとるけど、

たぶんちゃうで」









神「あれは待ち受けにした♡」









中「待ち受け!?」









おいぃぃぃぃ言うなって、









藤「ちょ、濵ちゃん!」









濵ちゃん?









濵「神ちゃんのこれやんな!?」









神「あっ!あかんて!」









パッと画面がついて、









あー、見られる









て思ったら









濵「、、、」









固まった濵ちゃん









神「あ、それはええわ

いやよくはないけど」









濵「よし 許す」←









小「なんでぇ!!」








相「みんな準備しよううん」









今年-来年も頑張ろ〜う









────

これが今年最後のお話かな?

いや、もう数話あるかな?

どうかな?

あ、とりあえず

よいお年を!

みなさん今年もありがとうございました!


────────