無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第48話

46話シルクside
家に帰った。
部屋は真っ暗
シルク
シルク
あなた帰ってきてないんだ...
電気をつけた。
シルク
シルク
ん?なんだこれ?
テーブルの上に1枚の紙があった




シルクへ
今までありがとうね。
これからは友達として、仲良くしようね。
大好きでした。大好き大好き
新たな家が見つかるまでは、唯と一緒にいるから心配しないでください。
シルク
シルク
なんだよこれ...
シルク
シルク
大好きなんて最後に言うなよ。
お前の事ずっと忘れられないなるじゃねぇかよ。
泣いた
男が泣くなんて...みっともない。

こんなのあなたに見られたら恥ずかしい。

大好き...俺も大好きだよ。

幸せになってくれよ。あなた