無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

16話
とうとうこの日が来てしまった。
シルクの元カノさんに会う日だ
あなた

今日だぁー!

シルク
シルク
俺も着いていこうか?
あなた

いいよ〜1人で行く!頑張って

シルク
シルク
じゃあわかった!気おつけてね!
あなた

うん!やっぱ最後にギュッてして?

シルク
シルク
わかった
ギュッ!
あなた

ありがとう!元気出た!

駅の近くのカフェで待ち合わせ
あなた

あ!お久しぶりです

シルクの元カノ
久しぶり〜
あなた

2ヶ月ぶりですね

シルクの元カノ
そうだね
カフェ入ろっか
あなた

あ、はい
(どんな話されるんだろう。怖い)

シルクの元カノ
そうだシルクとはじめくんは、同じ高校で男子校だったよね?
それであなたも男子校なんだよね?
あなた

まぁ、はいそうですけど

シルクの元カノ
あれ?おかしいなぁ?
シルクが言ってたけど、俺の婚約者だって?男子だよね?
だって男子校にいるんだもんね?w
あなた

(やばい😱この人に秘密がバレている可能性が高い。てかバレてるだろ絶対!)

あなた

どっちでもいいんじゃないですか、
あなたには関係無いですから

シルクの元カノ
私さぁ!
シルクとより戻したいの
あなた

だからなんですか?

シルクの元カノ
あなた邪魔なの。どっかいって
あなた

それは、あなたの考えですよね?

シルクの元カノ
そうだけど、何?
あなた

シルクは、なんて言ってるんですか?

シルクの元カノ
別になんでも良くない?
あなた

シルクの事本当に好きなんですか?

シルクの元カノ
好きだよ〜(棒)
あなた

言っとけばいいやみたいなのやめてください

シルクの元カノ
あんたがシルク元を離れないんだったら、秘密言っちゃうよ?
あんたが女てこと
あなた

すきにしたら

シルクの元カノ
てか、あんたはシルクの秘密をしらないからずっと好きでいれるんだよ?
あなた

秘密?そんなの聞く気ないんで

シルクの元カノ
シルクはさぁー
かげで女の子の事遊んでるらしいよ
あなた

そんな人が好きなんですね。あなたは

シルクの元カノ
別に好きとかじゃない
あなた

それじゃあなんなんですか?

シルクの元カノ
何となく?w
あなた

あなたと話しててもつまらないので帰ります

シルクの元カノ
えぇーもうちょっと話したいなぁー
あなた

もう話す事なんてないんでさようなら

私はカフェを出た
あなた

(かげで女の子の事遊んでるらしい!?シルクは、そんな人じゃない。絶対!?ただの噂だよ。)

私はずっとその事を考えていた。
歩きながら。



ドン!
あなた

すみません!

シルクの兄
全然大丈夫です
あなた

あ!シルクのお兄さん!?

シルクの兄
おー!久しぶり〜
あなた

お久しぶりです

シルクの兄
どう?シルクと仲良くしてくれてる?w
あなた

仲良くさしてもらってます!

シルクの兄
そっか良かった。
最近シルク元気なくってさぁー
あなた

そうなんですか。
あの1つお聞きしたいのですがいいですか?

シルクの兄
いいよ
あなた

シルクて、女の子と遊んですんですか?

シルクの兄
風俗とか?
あなた

まぁ、そういう系です

シルクの兄
爆笑!
シルクが!ないない
あなた

ないですよね

シルクの兄
シルクに前聞いたことあるけど、「俺好きな人としかしないから。」て言ってたし、あいつ最近は頑張って勉強してランニングは俺と毎日行ってるし、そんな事する時間あいつにないと思う。
てか家でそんな事やってたらバレるから、俺とシルク部屋隣だしやってたら聞こえるw
あなた

そうですか分かりましたありがとうございます!

シルクの兄
じゃあね
シルクの兄貴とわかれて、家に帰った