プリ小説

第2話

始まりの日#2
 定期的に連絡さえとっていれば、親戚は干渉してこなかった。
だからあたしは、高校に進学しないという自分の意思を貫いた。
今の自分の状態に、不安や悲しいという感情は不思議と生まれなかった。
両親を亡くしてしまったあたしには、それ以上の悲しみなんてないのだ。
きっと、もう、いつか目が見えなくなるという自分の運命を受け入れてしまっているんだ。
それならば、目が見えているうちにできることをしたい。あたしは毎日いろんな場所に行って、綺麗な景色を見てまわることに決めた。
いつの日か視界が闇に染まってしまうなら、せめて綺麗なものを見納めておきたかった。
あなた

今日はどこに行こうかな……

 ルンルン気分で、スウェットのポケットに入れていた音楽プレーヤーを取り出す。
大好きなロックバンドの爽快な音楽を耳に、あたしは周りを見渡す。
兵庫県の都会、というより少し田舎よりな街並み。
車がそんなに多いわけでもなく、穏やかな街だと思う。
人が作ったものよりも自然のものが多い、そんな場所だ。
あたしはいつもこうして街を探検している。
街は毎日ちがう様子を見せてくれるので、飽きることはない。
今日は、変わったところに行きたい気もするけど、いつもどおりの場所に行きたい気もする。
あなた

んー、あそこでいっか!

 どうしようか悩んだけど、結局、新しい場所ではなく、行きつけの場所に行くことにした。
目的地に向けて歩を進める。
頬に風を感じながら、しっかりと周りの景色を目に焼きつけながら。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

AILI
AILI
K-POP大好き💕 フォロー527%返します! コメントできるだけ返します! BIGBANG👑 🐲👼🐼☀🔝 ジヨン🐉よりall💓 BTS💓 ググ&ユンギよりall💓 BLACK PINK💕 LISAよりall💓 TWICE💕 ツウィ&モモよりall💓 ✩自己紹介✩ name→あいり years→14 中2 club→書道←ほぼ遊んどるw birthday→5.27 myboom→ヨーグルト&スイーツデコ 韓国行きたい💕 韓国語&ハングル勉強中🤔💭 🚨⚡播州弁ごちゃ喋ります。 🚨⚡意味わからんかったりしたら言ってください! 🚨⚡できるだけ分かるように喋ります。