プリ小説

第4話

入学式3
▶︎柚原高校 正門
あなた

志穂ー!…ハァッ…ハァ

志穂
あなた、遅いよ!笑
間に合ったからいいけど!
やっぱり私がないとダメだね笑
急ごう!
あなた

うん!ッほんっとだよー!
志穂様様!ッハァ…(息切れ)

校舎に入りクラス分けを見る。
1-A ……
……
南 あなた
……
村瀬 志穂

志穂とはクラスも同じだった。
あなた

同じー!

志穂
同じー!
あなた

さすが私たち♡
これから頑張れそうだよー!

志穂
なにそれ。笑
でもよかった!早く教室行こ!
教室に着くと、
先まで隣同士!奇跡のよう。

教室で一通り話を聞いたあと、
入学式の為体育館に向かう。



式も終わり、クラスのHRの時間。
先生
改めて入学おめでとう!
クラスの委員を決めて
今日は終わりたいところだが、
訳あって委員決めは明日する。

少し早いが終わりにするから、
周りのやつと話して仲良くなっとけ〜。
…ガラガラガラガラ
先生は行ってしまった。
志穂
不思議な先生だね?笑
友達できるかなー!
ワクワク〜
あなた

ね?
私は不安しかないよ!笑

志穂
そうだ、あのグループと話してみない?
あなた

ちょっと待って!鏡は…
あ、れ……リップない。
たしかに入れたはずなのにー!
電車ではあったもん。

志穂
諦めて新しいの買いな。笑
あなた

気に入ってたのにな…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

pom.329
pom.329
気ままに書く予定☺️ 皆さんのいいね、励みになります♪ 駄文ですが、 よろしくお願いします🤲 ♡……シルク寄り