無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

新生活2
マサイ
シルク▷▷▷(LINE)
セカンダリ見返してた笑
ンダホとモトキいるよ。来る?
シルク
(LINE)
行くわ

近いって素晴らしい。笑



▶︎マサイ宅

ピンポーン
マサイ
開いてるよ
シルク
おう
ンダホ
あれ、あなたちゃんは?
シルク
もう寝た。笑
モトキ
早くね?笑
いちいち可愛いんだけど笑
シルク
なんか一緒にいたら調子狂う
俺が俺じゃなくなる笑
マサイ
恋の予感〜♪
シルク
俺が?あなたに?笑
モトキ
まあまあ、女の子とずっと一緒なんてね。
ましてやあなたちゃん可愛いし、
好きになってもおかしくないよ?

とか真面目に言ってみる笑
シルク
お前らに言われたら
なんかむず痒いわ、笑
モトキ
あー、こないだシルク目当てで
寄ってきた女の子達いたから
くれぐれもバレないように。
あなたちゃん守らないとダメだよ?
シルク
なんだよ、俺目当てって笑
マサイ
シルク君はこの学校じゃないのー?って
あからさまにシルク目当てだろ笑

まじきもかった笑
ンダホ
ちゃんと守ってあげてね!
シルク
お、おう…
なんか諭されてる。
ま、まあ俺のせいでなんかあったら
嫌だし、ちゃんと見とくか…



そうこう話しているうちに
時計の針は2時をまわっていた。

動画の編集
ネタ作り
次の休みに行くアスレチックなど
だいぶ話はまとまった。
シルク
…っと、帰るか。
ンダホ
……zz
シルク
寝てんのかよ笑
モトキ、マサイまたな
おやすみ
モトキ
また朝ね、おやすみ。


あなた寝てるよな…
起こさないようにしないと。


………ガチャ
あなた

……スゥ

シルク
(……寝てる。)
床で寝るか。
あなた

…シ…ルク、んー…

シルク
(寝言か…?)
あなた

んー…!

あなたがぽふぽふと
布団を叩いている。
シルク
(……//)
入るぞ…?
あなた

……ん…っ。

シルクside...

俺はどうしたらいいんだ。
寝れるわけない…

ほんとなら筋トレ行って
疲れてから寝たいんだけど

んー……


15分経った…
なんか眠くなってきた…?
あなたの匂い…落ち着く…
シルク
……スゥ
---- ---- ---- ----


7:15 アラーム
pipipipi...pipipipi.....
シルク
……ん。
ぁさか…んー。(背伸び)
シルク
……ぁ。
隣にはシルクの方向いて
丸まったあなたが寝ている。
シルク
寝顔も可愛いのな…
あ、声漏れてたわ…笑
あなた

…ん。
シルク…おはよっ…

シルク
おう、おはよう笑
寝れたか?
あなた

うんっ、ぐっすり(ニコッ

シルク
ならいいけど。
アラーム早くね?笑
あなた

朝ごはん作ろうと思って…
起こしちゃったよね?ごめんね。

シルク
眠れたし、大丈夫。
朝飯久しぶりだわ…
頼むな。
あなた

待っててね!

朝飯を待つ間制服に着替えて、
学校へ行く準備をした。


テレビをつけてニュースを見る。

「先日柚原中央のコンビニ付近で女子高生が何者かに痴漢される事件がありました。

犯人は未だ捕まっておらず、警察は周囲の警戒を強めています…」


こんなんばっかり
最近物騒すぎんだろ…
あなた

シルクできたよー!

あなたが手際よく皿を並べて行く。
ご飯に焼き魚、
味噌汁に漬物、フルーツ…

定食屋かよ…笑
シルク
あなた

なに?どしたの?
あ、こういうの苦手だった?
洋食がよかった…?

シルク
違う違う!
定食屋みたいだなーと思って。
朝からありがとな。
あなた

ううん!
パパッと作っただけだから…
美味しくないとか、
味の好みあったら教えてね?

シルク
ん。ありがと
テレビを見て軽く話して、

あなたも制服に着替えて
簡単にメイクを済ませた。


8:07……
シルク
ンダホ起こしに行くか。
あいつ寝てるかも。
あなた

うん!行くー!

二人で部屋を出て、
鍵を閉めて歩き出した。

▶︎701 ンダホ宅


ピンポーン…



反応がない

ピンポーン…ピンポーン!
シルク
寝てんのか?
な?あなた
あなた

(ガチャッ…)
開いた。笑笑

シルク
シルク
邪魔するぞー!
あなた

お邪魔しまーす。

ンダホ
……zzzz  ズズズ……zz
シルク
あなた

寝てるね。笑
ンダホー、起きて〜

ンダホ
ん、んぅ……
あなたちゃん…zz
シルク
ダメだわ笑
起こしとくから、
モトキんと行っててくんね?
たぶんマサイと居ると思う。
あなた

710だったよね?
わかった!

▶︎710前

ピンポーン…
モトキ
はーい!
ガチャ…
あなた

はやっ笑
おはようモトキ!ニコッ

モトキ
おはよう♡
朝からあなたの笑顔見られるとか
最高だね。いい日になりそー!
あなた

そんな…笑

マサイ
あなたおはよ!
シルクは?ンダホのとこ?
あなた

おはようマサイ!
うん、ンダホまだ寝てて…笑

マサイ
いつものことだよ笑
シルクなら大丈夫でしょ。笑
その頃ンダホ宅では……

シルク
(シルク扮するミッキー)
ハハッ、ダホッ!起きてッ!ハハッ!
シルク
(シルク扮するミッキー)
ダホッ!ダホッ!アハハッ!
ンダホ
…ッ…まじやめてそれ…笑
シルク
(シルク扮するミッキー)
起きたっ?ダホッ?起きたっ?ハハッ!
ンダホ
起きる、起きるから…笑
シルク
行くぞ。
早く準備して。笑
ンダホ
あなたちゃんのチューとかもっと
最高な朝はないのかね…笑
シルク
あなた起こしてたし笑
起きなかったお前が悪い笑
あと、チューとか調子乗んな笑笑
ンダホ
(シルク絶対妬いてる…笑)
はいはい、ごめんねー笑

っと、できた。
みんなは?
シルク
出たらいんじゃね?
▶︎7階エレベーターホール

8:22……
マサイ、モトキ、
あなたが待っている。
あなた

もう8:22だよ?
大丈夫かな?

モトキ
高校のすぐ近くだからね、
大丈夫でしょ!笑
数分経った
シルク
わりぃ、待たせたー
ンダホ
ごめんごめん!
目覚め悪くて!笑
シルク
お前…笑
マサイ
8:26…
さすがにやばいんじゃね?
マンション出たら走るぞ!
柚原高校は、8:30までに
教室にいないといけない。

入学早々遅刻はできない。
ましてや5人ともなんて…
---- ---- ---- ----

走って走って走って
正門、校舎に入り
教室に着いた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

pom.329🍮🐶
pom.329🍮🐶
-+-+-+-+-+- 気分屋の物書き*:.。☆..。. いいね少ないと書かない)^o^(🤲 ♡……イケメン好き、どエロ好き -+-+-+-+-+-
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る