プリ小説

第16話

アスレチック




▶︎マサイ宅

7:00 アラーム
pipipipi...pipipipi....
マサイ
…ん。朝か…
今日の出発は8:20。

実は寝起きドッキリを
セカンダリで撮ろうと思って、
今からシルクのとこ行く。笑


昨日鍵をこっそり
奪っといたんだよね。

あなたには昨日
伝えといたんだけど、
もう起きてるかな?
マサイ
さて、行きますか。
動画を撮り始める。



どうもっ、マーサイ。
これからシルクの寝起き
ドッキリに向かいます…



▶︎706号 シルクあなた宅


……スーッとね
…ガ……チャ……

マサイ
小声)お邪魔しまーす…

綺麗にしてある…
あなたのお陰か…笑
マサイ
小声)こっちかな…
映せない絵かもしれない
一旦床映すか…
マサイ
小声)失礼しま…す…
ベッドのふちに座るあなたの姿
あなた

小声)マサイおはよっ

寝起きのあなたが
ふにゃっとした笑顔を向ける

俺的には最高なんだけど、
ここはカットだな…笑


リビングにいてもらおう。
マサイ
小声)あなたおはよう。
ごめんね、リビングにいてくれる?
あなた

小声)うん、ご飯作るねっ
マサイも食べていくでしょ?

マサイ
小声)お願いしようかな。
……ガチャ

あなたが出て行った。
すれ違い、いい匂いがする…



あ。
さて…と…



今日のドッキリは、
パリピ音ドッキリ…!

前にね、こういう感じの奴ら
俺らの中にはいないなって話ししてて
興味ある。的な事言ってたんでね!
これからパリピっぽい曲を!
大音量でぶちかまします。笑

ミラーボールも忘れずにね。

スピーカーの電源を入れ、
再生ボタンを押す…


……ピッ

♫…〜♪……♩♫♩…〜
♩♫♪〜…♫♩♩〜…


かけておきながら、
俺も苦手……


早く起きて。笑
シルク
…っ
曲がかかった瞬間
シルクの体が縮こまった。笑
シルク
……え?
シルク
まじ。なにこれ…
ちょ
マサイ
……クックックッ…笑
シルク
待って、ほんとに
どうしたらいいかわかんない。
マサイ
お目覚めは?笑
シルク
最悪なんだろうけど
それすらわかんねえ笑
マサイ
寝起きドッキリでしたー笑
シルク
ぉ、おう。
ひとまず止めて、ミラーボール笑
マサイ
笑笑
動画を停止する。

簡単に編集してセカンダリに載せるか。
シルク
あなたは?
マサイ
朝ごはん作ってくれるって。
協力してもらったんだよ。
リビングに向かう。
あなたが手際よく作っていた。
あなた

もう終わったの?
シルク、どうだった?

シルク
なんか思考回路停止した。
俺やっぱ苦手だわ笑

メンバーが違うタイプでよかったわ笑
笑いながら朝ごはんを食べて
メンバーと合流する。


▶︎ンダホ宅

すでに8:00を過ぎていた
ガチャ…
ンダホ
起きてますよー笑
シルク
こんな日もあんのか笑
ンダホ
あなたちゃん一緒って
思ったらワクワクして笑
あなた

ンダホおはよー!

ンダホ
あなたちゃんパワー♡
あなた

ぺけたん
じゃあ、みんな揃ったし!
出発しますか!
モトキ
レッツゴ〜!
マサイ
セカンダリ用に、
ちょくちょく動画撮るから
変なことしないでねー。笑
電車を乗り継ぎ、
現地に着いた。
あなた

わぁ…おっきいね……笑

ンダホ
まじか。
シルク
さて、撮りますか!
シルク
あ、あなたなんだけど、
挨拶からいてもらおうと思う!

モトキのあとに、
モトキにトンって両手添えて
「っの、いとこ!」でいこう。笑
ちょっとだせえけど笑
あなた

承知しました。笑

シルクside...

って言っても顔を見せたら、
さすがに柚原高校のやつらにバレるから
マスク着用と、高めのツインテールに
させてます。……意外と似合ってる。//

動画を撮る準備が整った。
撮影に取り掛かる。
シルク
いくぞ。3.2.1..
シルク
…どうも、フィッシャーズシルクです!
ンダホ
ンダホ!
ぺけたん
ぺけっ‼︎
マサイ
マサイ!
モトキ
モトキ!
あなた

(ちょんっ…)
の、いとこ!

シルク
はいっ!
今日はいとこちゃんも参加
ということで。

マッスルモンスター、世界最速です!
ンダホ
えぇええ。
先行?
シルク
先行です。
ンダホ
やったぁあ!
シルク
マッスルモンスター!
オープン前に先行で
やらしていただいてます。
ンダホ
ありがとうございます!
あなた

(…パチパチパチッ)

シルク
難易度は3つ分かれてます。
青、赤、黒。

青、かんたん、赤、ふつう
黒、むずい。
モトキ
おぉ〜。
ぺけたん
おおぉー。
ンダホ
さあ!行きましょう!
まずはぺけたんが進んでいく。
ふざけて木で遊ぶ
ぺけたん
二〜ヘヘヘヘヘッ
シルク
ふふふっ
ぺけたん
二〜ヘヘヘヘヘッ
シルク
ふははっ!それやめて笑
ンダホ
すごいすごいすごい!
ぺけたん
イェーイ!
シルク
おいしょ〜
ほら、これもう すごくね?
上の景色も。
あなた

シルク〜!

あなたは無邪気に手を降っている。
照れ臭そうにシルクも振り返す。

各々アスレチックを進んでいく。
モトキ
揺れる〜…
シルク
へっへっへっへっ
マサイ
お腹が揺れてる〜すごい笑
ンダホ
ハァッハァッ
モトキ
はははっ!
うぉっ危ない!
シルク
っ〜ぁあぶねぇ!こわっ!!
ぺけたん
町たちがあるもん。
シルク
町たちってあんま言わねえんだよ。笑
シルク
町でいいんだよ。
町が町たちなんだから。笑
あなた

あははっ笑
面白い笑

マサイ
いやーっ、ほんとにサーフィン
サーフィンじゃねえや笑笑
軽快に進んでいく
シルク
見て、下がね、フィッシャーズ!
錦鯉の背中にね乗ってる。
ぺけたん
っあ、コイの背中に乗り〜♪
シルク
恋ダンスだ。笑
ぺけたん
ドゥ〜ルドゥルルル〜笑
シルク
ハッハッハッ
ンダホ
やばいやばいやばい!揺れるな
揺れるな揺れるなってだからぁ!
ぺけたん
次は、2ndステージ!
シルク
上行って来るわぁ。
ぺけたん
いぇーい
シルク
ちょっと、
黒色のロープ潰して来るわぁ。
シルク
シルク
もうね、あっちの4人遅いっすよな。
あなた

聞こえてるよ!

ンダホ
聞こえてんぞっ!
あなた

かぶった笑笑

ンダホ
笑笑
スイスイと進むシルクとぺけたん
シルク
やっほー!!
ぺけたん
やっほー!!
シルク
お前が言うな!笑
モトキ
我々も、二階いくぞ〜
ンダホ
行きましょう!
2階、3階と進むメンバー

その頃あなたは、
マサイとカメラを回していた。

3階での、シルク・ぺけたん
雲梯のようなコースを進んでいる
シルク
あー、おっけおっけ
ぺけたん
あ、出たっ!
マサイ
ぇええ?
これ、普通じゃできねえ?
ぺけたん
あれ、くそ痛えんだよ
シルク
粘ろう粘ろう!
ぺけたんもゴールし
シルクが抱きついている。
シルク
やったー!
ぺけたん
まじでやべえ。
アスレチックも終盤に…
あなた

…ッきゃあっ!

シルク
…m、おいっ大丈夫か?
気をつけて進めよー!
見るとバランスを崩して
あなたがマサイに抱きついていた。
シルク
(……おいっ、まあまあ…
さっさと鳴らして戻ろう。)
シルク
あのベルを鳴らして帰ってくる
マサイ
やべえ、おしっこ漏れそう
シルクが全てクリアし、
他メンバーも各々楽しんでいる。


ぺけたんが最後の
ベルに挑戦するころ…
スタッフさん
やっほーーーー!!!
テレビ取材で来ていた
スタッフさんが叫んでいた。
ぺけたん
うわーはー!
ぺけたん
やめてぇ…
スタッフさん
エキサイティングー!
二度目の雄叫び
ぺけたん
ぬぅあー!はー!
ぺけたん
エキサイティング……
シルク
…ハッハッハッハッハッハッ
影から撮影していた
あなたとマサイ、モトキ
あなた

ぺけたん頑張って…笑

無事にベルを鳴らすことができた
ぺけたん
あぁ…地面……
シルク
はい、おっけー!
終始笑いの絶えない
楽しい撮影になった。

みんなで下に降りる。
シルク
あなた大丈夫か?
怪我しなかったか?
あなた

大丈夫だよ!
シルクすごいね!

スイスイ行っちゃうんだもん!
かっこよかった//

ぺけたん
ちょっとー
イチャつかないで笑
俺頑張ったよ!
あなた

ぺけたんお疲れ様!
すごいね!
私なら最後無理だった!

ぺけたん
ありがと〜
頑張った甲斐があったよー
シルク
みんなお疲れ様!楽しかった〜
モトキ
怖すぎて、俺全然喋ってない笑
マサイ
俺もカメラばっか集中してた。笑
ンダホ
疲れた、腹減った!
あなた

飲み物買っといたんだ。
みんな何がいい?

それとね……
お弁当作ってきたんだよー!

簡単なものしかないけど、
みんなで食べる?

ンダホ
食べる!最高じゃん!
シルク
いつのまに…笑
俺も腹減った
みんなであなたのお弁当を食べ、 
近くの小さな公園でも遊び
帰り道にセカンダリを撮り
簡単に着替えを済ませて帰宅した。

充実してる土曜だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

pom.329
pom.329
気ままに書く予定☺️ 皆さんのいいね、励みになります♪ 駄文ですが、 よろしくお願いします🤲 ♡……シルク寄り