プリ小説
一覧へ

第14話

❃疑問❃
~カフェ~
きおり
美咲………
あなた

こんなこと思ってたなんて気付かなかった。

同感。
きおり
ねぇ、やっぱり美咲は松永のこと好きだったんだね。
あなた

僕も美咲が好きだった。

告らなかったのかよ。
あなた

告白した!したんだ………でも

あなた

振られたんだ。ごめん。って

そう。僕はあの時振られた。

あの時、美咲は泣いてた。

どんな気持ちだったんだろう。

他に好きな人がいたから?

それとも僕の気持ちに答えられないって知ったから?

今でも疑問が残っている。
きおり
えっ。
お前さ、何も気付かないのか?
あなた

何を?

このページ読んだだけで気付くだろ!?
あなた

だから何を!?

はぁ。
きおり
しょうがないよ、自分のことに鈍感な松永にそんなこと言ったって。

キレてる方がバカらしくなっちゃうよ?w

松永さ、気にしなくていいよ。

祷が言いたいことがこの日記にも書いてあるはずだから、

ゆっくり読んでいこう?
あなた

フォローされてるようなされてないような……

今のは俺が悪かった。

とりあえず、今日は一回ここ出るか。

もう3時間以上経ってるだろ。
きおり
そうだね。じゃぁさ、また集まろ?

来週の日曜日にでもさ、

少しずつ日記読んでいこう。
あなた

分かった。

あぁ、
きおり
待って、それかさこの日記実は私全部読んじゃったからさ

松永持って帰ってゆっくり読んだら?
それがいいかもな。
きおり
祷に関係する部分は私が伝えるからさ。

はい。
あなた

分かった。ありがとう。

きおり
うん!じゃあね!
~帰り道~
きおり
祷ってあんなに短期だったっけ?
いや、ただアイツの鈍感さにイラついただけ。
きおり
でもまぁ、私も同じこと言いたかったから、

良かったんだけどね。
そうなのか?
きおり
えっ。って言った時に、

祷の お前さ、 と被ったから言わなかったw
何か、悪い。
きおり
いいんだよ。

それにしても祷、

あの1ページと松永の美咲に振られた出て話だけで、

よく、美咲の心情に気付いたね。

私、あの日記見てなかったら、

松永と同じ反応してたかも……
普通は気付くだろ?
きおり
少なくとも、私と松永は気付かないの!
それにしても、なぜか日記の内容が大体想像つくのはなぜだw
きおり
相変わらずだねー
ꕤ続くꕤ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

❁如月 沙奈❁
❁如月 沙奈❁
恋愛&青春学園物語をお届けします 誤字脱字多いですが多めに見ていただけると嬉しいです💦