無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

イチ
1,068
2017/12/24 11:51
あんの、ばかやろう、、!
どこに行った!!蒼!!

それは、朝五時
杉橋蒼
杉橋蒼
『家族へ!
俺は、どっかへいきまーす!探したらまたどっかへいきまーす!よろー』
杉橋結
杉橋結
はぁぁぁぁ!?
お母さん
ど、どうしましょ!!
杉橋結
杉橋結
あのばか!!
杉橋涼
なにしたー?ふぁぁ
杉橋結
杉橋結
あくびしてる場合!?
蒼どっか行ったの!!
杉橋涼
えー!
どこ!!
杉橋結
杉橋結
それ知ってたら!苦労せん!!
杉橋涼
てか、あいつの学校どうすんの。
あ!いいこと思い付いた!!

結いけば?あいつのがっこー
お母さん
それは、いいわね!!
どーせ!高校いってないんだから!!
はやく!こっち来なさい!!
タレントのメイクしてる私の力見せてやるわよー!







10分
もかかっちゃったわ、、
ふぅ。
杉橋結
杉橋結
え、これ、蒼でしょ
お母さん
あんたよ!!
結よ!
お母さん
あら!もう時間!
ほら、クルマ乗りなさい!
杉橋結
杉橋結
う、ういっす。
私は急で私の頭では理解ができなかった。

これが私の、男子高校の生活の物語の始まりだった