無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

10.14 あなたと共に生きるため
あれからは、楽しい日々を過ごした。
普通に楽しく学園生活を送った。
意外と、今の現状に満足していた
休みの日はユウガと2人で散歩に行くのが日課になった
もうすぐで、冬だ。
ユウガ
ユウガ
ねーねー、レーイカ!
レイカ
レイカ
ん?
ユウガ
ユウガ
ふふ、呼んだだけ!
レイカ
レイカ
は、
こんな会話が楽しくて。
言いたくなった。
レイカ
レイカ
おばあちゃんになってもそばにいてくれる?
私らしくない言葉を、
ユウガ
ユウガ
いいよー?
ずっと、見守ってるから。
ガラガラッ
教室に入る。
モブ中 モブ華
おはよ、レイカ!
モブ華。
意外といい人。
いつもの日常。
だけど、ユウガは何を望んでいるのか。
私が復讐をする事?
私は走った。
図書館に向かう。
あの本を手に取り、ページをめくる。
最後、悪魔について書いてあった。
悪魔、
"復讐心がない主と共にいると一生人間に生まれ変わることができない"
私は、あの教室で、、。
ユウガ
ユウガ
レイカー?
あー、いたあ、
レイカ
レイカ
あ、ユ、ユウガ!
明日、いじめの、、続き、、やるから、
レイカ
レイカ
ねえ、ユウガ、、
この復讐ってどこがゴール、、?
ユウガ
ユウガ
そうだねえ、一位になれたらそりゃ、まあ、ゴールだろうねえ
ユウガ
ユウガ
でも、そんなのもうい、
レイカ
レイカ
計画、!
ユウガ
ユウガ
、、?わかった。
ユウガ
ユウガ
誰にする?
レイカ
レイカ
モブ美
ユウガ
ユウガ
え、ええ、いきなり一軍トップ、、。
レイカ
レイカ
これで、決めるから。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ユウガ
ユウガ
ねえ、レイカ。ずっと、m、t、っr、
レイカ
レイカ
なにー?
ユウガ
ユウガ
ん?なんでもー?