無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

6.17 モブ子成敗完了。
生まれ変わったレイカ
生まれ変わったレイカ
ちょ、なんか言いなさいよっ
悪魔
悪魔
かわ、、い、い
生まれ変わったレイカ
生まれ変わったレイカ
な、///
悪魔
悪魔
メガネ、とった方が、か、か、かわいいとおもう。
そう言って悪魔は私のメガネをそっと外し微笑んだ
悪魔
悪魔
、、、っよし!
今日から学校だから、早速やっていこうか
レイカ
レイカ
え、、?
悪魔
悪魔
し・か・え・し😏




悪魔
悪魔
まず、あれだ、あいつ、
モブ小 モブ子
え、だれ
レイカ
レイカ
レイカ。
悪魔
悪魔
なんだ乗り気じゃん
(ウルサイ)
悪魔
悪魔
お、心の中で喋ることを覚えたか
(で?このあと何すればいいわけ?)
悪魔
悪魔
お前が一番わかってるんじゃなーい?
(ふっ)
モブ小 モブ子
レ、レイカ、、さん!?
レイカ
レイカ
あれれえ?
デブ、、メガネ?じゃ、なかったっけ?
モブ小 モブ子
そんな、こと、ないです!、
ずっと、トモダチになりたかったんですっ
(かかった)
悪魔
悪魔
かかった
レイカ
レイカ
ありがとお
悪魔
悪魔
さて、クラスに行こうか
ガラガラ
みんなのびっくりした顔
モブ小 モブ子
ほら、いこ?
いつになく堂々としているモブ子。
モブ中 モブ華
モブ子?
モブ小 モブ子
忙しいからあ、
はなしかけないでえ?ww
(完全に調子乗ってる)
悪魔
悪魔
レイカにはそれだけの力があるってことさ🌟
(、、。フクザツ。)
モブ中 モブ華
は?
モブ小 モブ子
いっつもムカついてたの。
お前、調子に乗んなよ?
モブ中 モブ華
どうなっても知らねえよ?
モブ小 モブ子
いこお?
レイカ
(行きますか)
悪魔
悪魔
行きましょう
レイカ
レイカ
っ、、ヒックヒック、
うええええん。
モブ中 モブ華
え、どーしたの?
さっと、モブ華のそばに近寄る
モブ小 モブ子
え、レ、レイカ?
レイカ
レイカ
モブ子、私のこと、いっつもいじめて来てて、
もう、、耐えられないの。
(まあ、モブ華とか、クラス全員なんだけどねえw)
男子生徒
レイカ可哀想
あーやまれっ あーやまれっ!
あーやまれっ!という掛け声がクラス中に響き渡る。
モブ子の悔しそうな顔。。
(たまらない)
悪魔
悪魔
あーこわーい
モブ小 モブ子
っ、レイカ、許さない。
しね、みんな死ね!
出て行くレイカ。
モブ中 モブ華
何あれえ?
ねえ、レイカちゃん!うちらと仲良くしよっ
レイカ
レイカ
っひっく。
ありがとお。
レイカ
レイカ
男子のみんなも、
ありがとお♡
男子には上目遣いで。
モブ上 モブ太
いつでも言えよ。
助けてやっから。
モブ高 モブ美
ちっ
(モブ太ゲットは大きいな)
あ・と・は。
モブ子がいる場所へ行く。
モブ小 モブ子
っ、レイカ。
レイカ
レイカ
ごめんね。
ごめん。思わず、、
悪気は、
モブ小 モブ子
っざけんな!
モブ小 モブ子
お、お前のせいでっ、
私の全てが、、
レイカ
レイカ
ちょーしに乗ってんじゃねえよ?
モブ小 モブ子
っえ、
レイカ
レイカ
お前なんてたかが二軍の下。
どちみち。落とされる運命だったんだよお
くずれおちるモブ子の耳元で呟いた
レイカ
レイカ
ざまーみろ
第一回完了。