プリ小説

第25話

🦇
鑾
ただいま…
静かな洋館に俺の足音だけが響く。


《 帰ってきたらママのこと起こしてね! 》
鑾
あー、めんど
あの人は一度寝たらなかなか起きない。


俺は母の棺の横でひざまづく。
鑾
母さん!起きて!
起きる…わけがない。
鑾
母さんってば!
ジャック
ん…鑾、おかえり。
鑾
父さん、母さんが起きない。
ジャック
あなたはなかなか起きないからな笑
鑾
はぁ…
ジャック
あなた…おはよ。
鑾、帰ってきたよ。
あなた

ん…眠い。

俺があんだけ言っても起きなかったのに…
あなた

鑾ちゃん、おかえり〜

鑾
ん、ただいま。
ジャック
学校はどうだ?
鑾
それが酷いんだよ…
あなた

なに!?鑾ちゃんイジメられてるの!?

鑾
違うってば…
なんか、俺がかっこいいとかで有名なんだよ。
ジャック
え…?
あなた

うそぉ…

パパに似てイケメンだもんね!


と母は笑った。


呑気な人だなぁ。吸血鬼とは思えない。
鑾
まぁでも、なるべく目立たない…
あなた

彼女できたら教えてね!

なにをそんなに喜んでるのだろうか…


女というものはほんとに分からない。
ジャック
…
あなた

パパ?

ジャック
そのことなんだが…
鑾
ん?
ジャック
人間に恋愛感情は抱かない方がいいかもしれない…
鑾
あ…
そうか…人間は俺らの餌なんだ…
鑾
わかってるよ…
父が自分のために言ってくれてるのは分かっている。


母と一緒になったことで、母の自由を奪ってしまったと、少し後悔しているのも知っている。


だからこそ、、


俺に自分と同じ思いをして欲しくないのだろう…
鑾
父さんありがとう
俺は恋なんてしない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

.com
.com
よろしくお願いします