プリ小説
一覧へ

第2話

2
ねぇ、、
2組の田村くんって
どんなこか知ってる?

彼が欠席していたことで

興味がさらに膨らんだ。


『え?こーくんのこと、
知ってるの?』

隣の席の、真中さんが、
驚いたかおで、わたしをみる。

『いや、欠席してたから。』

真中さんは、ボリボリと音をたてそうなくらい
あたまを乱暴にひっかくようなしぐさをして、

『あー、そっか!そっか!
うん、でも、まぁ、こーくんは、
知ってても不思議はないもんね!
有名だし!
なんか、風邪をこじらせて、
休んでるみたい。
あんなんでも、あんまり、身体が丈夫じゃないんだよね。』

と早口で、いった。


そーなんだ。


こーくんていうんだ。

有名なんだ。


なんで、有名なんだろうな。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
よろしくお願いします