プリ小説
一覧へ

第1話

肝試し
西暦20xx年、中高生の間で話題となっているのは夜の森に現れる『怪物』。
未だにそれの姿はわかっておらず、興味本位で夜の森に足を踏み入れた者は誰ひとりとして帰って来ていない。
ただ、必ず誰かが夜の森に踏み入れた翌朝には森の入口にその人の『体の一部分』が落っこちているという。
それ以来、警察の警備などもあるのだが-どうやら怪物は近頃森の入口付近まで現れるらしく、警備に当たった警察までもが怪物の犠牲になるという事態である。
そんな中、ひとり話題に興味を示さない「変わり者」が居た。
国立霊城風高等学校1年、梢野静香(たかのしずか)だ。
彼女は怪物の目的に薄々気が付いていた。そして、怪物が何者なのかも。しかし、それを言うわけにはいかなかった。言ったところで誰も信じないのが現状。それに、言ったとしても自分にはデメリットしかないのだった。



ある日、静香の友人のひとりが夜の森に肝試しに行こうと誘ってきた。幼馴染ということもあり、断りにくかったため静香はしょうがないなぁ、と言い誘いを受けた。
静香
静香
………初めて夜の森に入るよ…夏なのに、少し寒いね
藍紗
藍紗
そうだね〜。
まぁ万が一アレが来てもあたしには日本刀があるから!
そう言って真剣の日本刀を見せるのは私を誘った幼馴染、藍紗(あいさ)だ。
静香
静香
ちょっ………あんたどっから持ち出してきたのよ真剣なんて
藍紗
藍紗
ん?普通に家にあったよ?
-そうだった。
藍紗の家は母がある偉人の末裔らしく、日本刀などそういったものがあるのだった。
藍紗
藍紗
んま、取り敢えずもう男子4人組が先に行ってるらしいしあたし達も行こうよー!
静香
静香
………そう、だね
どうも嫌な予感がするのだが、ということを言わずに静香はただ頷いた。
しばらく歩いていると、森の静けさが目立つようになった。入口付近では聞こえていた車のエンジン音がもう聞こえない。ここはどこか別の世界なのではないか、と思わせるような静けさはどこか不気味に思えた。
星輝
星輝
お、来た来た〜
藍紗
藍紗
あっ星輝〜
静香
静香
今のところは無事なのね………って他3人は?
星輝
星輝
ん?あぁ、はぐれた!
平然とそう言う星輝を前に、静香と藍紗は驚きもしなかった。
静香
静香
…まぁ、星輝が無事で何より
藍紗
藍紗
だね!
その後静香達は3人で行動を共にしていたが-ついに森の恐ろしさを目の当たりにする。
藍紗
藍紗
……何、これ
藍紗が指を指した先を星輝が懐中電灯で照らすと古ぼけた木の看板があった。
そこには『ここから先は『魔の森』。人間は決して足を踏み入れてはならぬ。踏み入れた場合は『奴』に捕まり-二度と帰ることは出来ないだろう』と書かれていた。
『魔の森』-ここから先のこと。
『奴』-そんな昔から存在していたの?
というのも、この看板の後ろには丁寧に『明治十五年六月七日』と刻まれていたのだ。刻まれた跡はきちんと古いままで、それが偽物ではないということが明らかになった。
星輝
星輝
んー…
静香
静香
………奴は、アイツは昔からこの地に住み続けてるってことよね…そして、来た人を殺す……そんなことを延々と続けてるってこと…?
静香がこの土地について調べようとスマホの電源をつけた。
静香
静香
………あらー…こんなに都合よく圏外になることってあるのかな…
藍紗
藍紗
あ、あたしのも
星輝
星輝
俺のもだなー。
どうしよー。これじゃパズ⚫ラログインできねーじゃんかよ
静香
静香
いや今それ心配するよりもいつ現れるかわからないアイツのことを…………っ!?
3人が呑気に会話していると、かなり後ろの方から自分たちが探していた男子達の悲鳴と、明らかに男子達の声とは違う『何か』の声が聞こえた。
静香
静香
………!
……逃げるわよ
静香は2人の手を引っ張り魔の森の方向へ走ろうとした。が、2人は足がすくんだのか動かなかった。
静香
静香
…!?
死に、たいの…?
藍紗
藍紗
んなわけないじゃん…でも、助けなくていいの?
星輝
星輝
そ、そうだ……助けなくていいのか?
静香
静香
あぁ私だって助けられる力があるなら助けたいよ?
でも…警察官でも殺されるような相手にどう立ち向かえるの?
他人よりも自分の命!さぁ、逃げるわよ!
そう言うと静香は無理矢理2人を引っ張って逃げ出した。
魔の森に3人は飛び込んだ-…
















魔の森。
昔から近づくなとおばあちゃんに言われた場所の、更にその奥地。
何があるのかわからない現代人未踏の地。
近代人-明治時代や昭和初期の人達が遺した文献でしか、情報は探れない。
魔の森は、先程まで居た森よりも鬱蒼としていた。
人の手が入らないと思わせられるのは、ひたすら続く獣道と、たまに見かける朽ち果てた看板や、朽ち果てた農具。恐らく、昔の人々はここを開拓しようとしていたのだろう。けれど、明治時代にはもうアイツが居ることを確認されていた。ということはこの農具は恐らくあの看板が建てられる前、つまり江戸時代のものになるのだろう。もう少し保存状態がよければ歴史資料館に提供できたのに、なんて思いながら静香は歩みを進める。
すると、奥の方になにか大きなものが見えた。
それは動かない。
つまり、奴ではない。
静香
静香
……あそこに、動かない何かがある。
かなり大きいから、多分家屋かなにかだと思う…どうする?
藍紗
藍紗
…どうしようか、ねぇ星輝
星輝
星輝
え?面白そうじゃん。
それに、奴から身を隠せるかもしれねーし?入ろうぜ
家屋に入ると、床はかなり傷んでいたが高校生3人が同じ位置に立っていても崩壊しないあたりまだなんとか生きられているのだろう。
雨漏りが激しい家屋内には、錆びた鍬やかなり古い白黒写真が何枚か見られた。懐中電灯で照らすと灰と落ち葉だらけのかまど、すっかり朽ちてしまった薪の山があった。これだけ傷んでいるのに虫1匹いないことは少し妙なのだが、有難いとも思えた。
すると星輝が何かを見つけたらしい。
星輝
星輝
なぁなぁ、なんか見っけた!
日記帳?らしいぜ、読んでみようや!
静香
静香
…いいよ、貸して
なにか古い文献や書物を読むのは静香の役目。というのも、静香は何故か古文を読むのに長けている。現代文を読むようにすらすらと読むその姿と名前をかけてあだ名が静御前になることもあった。
静香
静香
……………どうやらここは、明治維新期に建てられた開拓者専用の家屋みたい。
ここに居た人達が居なくなってしまった理由は新たに開拓者専用家屋が更にこの奥に建てられたかららしい。
でも私の予想はね……その小屋自体はあっても、この家屋みたいに中の状態はいいとは思わない。
ここには開拓予定期間が大体50年ほどと書かれているからね…その間に奴は現れる。そして、開拓者達をあっという間に殺して終わり。
だから多分……奥に行けば行くほど木々は減るとは思う…開拓者達の遺した農薬が今も効いていれば、だけどね
星輝
星輝
んーと……なんかようわからへんねんけど要するにアレやんな?
取り敢えずなんとかなるってことやんな!?
星輝は目を輝かせながら静香に言う。
静香はこくりと頷き、行こう、と足を動かした。
静香
静香
(…だけど-本当にここから先が危ないんだろうな…)
静香はひとり小さい頃の記憶を思い返す。
「いいかい静香。あの森には絶対に入っちゃいけないよ。あの森には『悪いカミサマ』がいるからね」

「うん!わたし、絶対入らないようにする!」

そう、約束した。
悪いカミサマとは、きっとあの『奴』のこと。

「ところで、そのカミサマはどうして悪いの?」

「あぁ、カミサマは人を見つけたらバラバラにしちゃうんだよ」

そう、バラバラに、木端微塵にしてしまう。
カミサマはどうしてそんなことをするのか。

「カミサマはねぇ…大昔の人に生贄にされた子供の思念の集合体なんだよぉ……だからぁ…………生きている人間が……羨ましくて仕方ないのさぁ」

そう、だからそれを奪って自分のモノにしようとする。
たけど、それは必ず失敗する。
じゃあ、どうしてそれを繰り返す?
なんで学習しない?

「…静香…………最後にこれは覚えておいてねぇ……おばあちゃんの最後の言葉だからねぇ………………死者の時間は-死者が死んだその時のままなんだよぉ………」
静香
静香
(そう、この森も、本当は死んでいる。ここから先は、この森すべての時間がこの森が死ぬ間際の時のまま。つまり-)
静香
静香
………2人とも、多分この先、開拓者達に出会うと思うの。でも………絶対に話しかけないで
藍紗
藍紗
どうして?
静香
静香
…あなた達が、別の時間軸に飛ばされるから。
同じ場所にいて、姿は見えても時間軸が違うとね、もう一生会うことは出来なくなるし……まずここから帰れなくなる
星輝
星輝
じゃあどないするねん!
アイツが来ても終わりやし……開拓者の人らに話しかけても終わりなんやろ!?
そんなん開拓者の人ら絶対俺ら怪しむって!
星輝は慌てる。
-無理もないだろう。
いきなり時間軸だの難しい話をしているのだ。
だが、と静香は口を開く。
静香
静香
…星輝、スマホ見て。時間、今何時になってる?
その後、空を確認して?
静香の言われた通りに、星輝はスマホで時間を確認してから、空を見る。そして-はっとする。
星輝
星輝
………午前4時、それなのに…まだ朝日はない…それどころか-
その反応に静香は頷き語る。
静香
静香
そう、この森は死んでいるの。
生命活動が、じゃなくて時間にとらわれていないのが特徴ね。
私の推測に過ぎないのだけれど、恐らくこの森は江戸後期から時間から置き去りにされたものだと思う…だから、人の思念は遺念体になって、本人…ううん、体が死んでもまだ動き続けているはずなの。
そしてそれは-多分年々増加している。
理由が、それらに話しかけられて相手してしまったこと。次に、その時間軸そのものに捕えられてしまった人。そして-興味本位でやって来て、『奴』に捕まった人
藍紗
藍紗
!!
じゃあ……あいつらも…!?
藍紗は少し涙目で最悪の事態のひとつを想像する。
静香は少し伏し目で、頷いた。
静香
静香
………そういうことに、なる。
ちなみに『奴』と友好関係を築こうなんて馬鹿甚だしい妄想はやめておくこと。アイツらは大昔生贄にされた子供たちの思念の集合体。
生者への羨望は-生者を殺し死者にする。
…生きて帰りたいなら奴に捕まらず、ここから先で出会う者達を相手にせず………死んだ森にとらわれないこと。
この森は、そう簡単に帰してくれるとは思ってないけどね-!
そう言うと静香は死んだ森の更にその奥へ足を踏み入れる。
静香自身、ここから先は祖母の言葉と自身の脳、直感を頼るだけ。正直、あれだけ言っておいて3人生きて帰るということが出来るのか不安だった。
だが、やらねばならない。
ほんのひと握り-若しかしたらそれ以下かも知れない可能性を、引き当てなければならない。
自分だけ帰るなんて真似は、出来ない。
そんなことをすれば、親友2人を見殺しにして帰ってきたことに罪悪感を覚えてしまうから。
星輝
星輝
…ほ、ほら!行くで藍紗!
藍紗
藍紗
え、あ、うん…!
星輝は藍紗の手を引いて、静香の後を追った。
その時気のせいだろうか-
後ろの方からガサガサッと木々の葉が不自然に揺らいだのは…。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

冬聖
冬聖
これからかなり低浮上気味になるかと思われます、筆の遅いファンタジー系小説ばっか書くノゲノラ、東方、ボカロ大好きな人です。 プリ画像でも同じ名前でそこら辺に居るのですが、最近は全く浮上しておりません。←