プリ小説

第4話

1つ目の約束
うらたぬき
あー、あー
んん"ッ
あなたとの約束通りあなたが一番好きな歌を歌おうと思ってた


なんだけど、喉の調子が悪い
うらたぬき
ゴホゴホッ
坂田呼ぼうかな…
熱もありそうだし坂田を呼ぶことにした
うらたぬき
もしもし、ちょっと俺の家来てくれない?
坂田
どうしたの、うらさん?
うらたぬき
ちょっと体調崩してて
坂田
ええ!大丈夫?すぐ行く!
うらたぬき
あ、ちょっ
誰かに言うなよと言う前に電話を切られた


まったく、、誰か呼ばないといいが…


ピンポーン
うらたぬき
はーい
なんかザワザワしてる気がするんだけど


坂田後で覚えてろと心の中で呟く
坂田
うらさんー!大丈夫かー!!
うらたぬき
坂田うるさい
坂田
( ´・ω・`)
まふまふ
僕達もいますよ!
そらる
大丈夫?
やっぱり呼んでたか…


まあ、いいや


てか、そろそろやばいかも


バタッ
坂田
え、ちょ!うらさん!?
まふまふ
ど、どうしますか!
そらる
俺タオルとか色々持ってくるよ
まふまふ
僕も手伝います!
坂田
僕、うらさん運びます
あー、迷惑かけちゃったな


あなた、もう少し待ってて


約束はちゃんと守るよ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

孤
孤と申します。 文才皆無ですが、どうぞ宜しくお願いします よろしくお願いします( ..)" お休みしててすみません。また更新致します
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る