無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

時空
湊
嘘だよな?
そんな事あるわけないだろ?
あなた

本当だよ。
私と湊では住む空間が本当は違う、
そして私と湊は一心同体なの。
だからもし湊が死んじゃったら、
私はもとの空間へ戻る。

僕はさっぱり分からなかった
あなた

湊はもう見たよね?アルバム。

湊
アルバム?
あなた

そう。
私と湊にそっくりな高校生が写ってる
写真が入ってるやつ。
あれ…私が作ったの。
湊に見て欲しくて…あんな事したんだ、
ごめん!

僕はあなたに対して何も言えなかった
湊
……別に…いいよ。
ちょっと今はあなたが言った話の理解が
できてないだけだから。
今言えることって、そんな急にあなたが居なくなる訳じゃないんだろ?
だったらきっと…大丈夫だよ。
僕は自分に言い聞かせるように言うしか
できなかった
湊
……帰ろう。
あなた

そうだね……。

湊はその場の空気から逃げるように歩いた
2人は一言もしゃべらず静かに帰った
あなた

またね湊。

湊
あぁ、またなあなた。